MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

義心丸に関する記事

義心丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。
義心丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
鹿島旧港「義心丸」では、現在2便態勢でひとつテンヤマダイに出船。ハナダイ、青物、根魚、ヒラメやホウボウなどゲストも多彩。テンヤ&タイラバタックル、釣り方の基本を押さえて「紅葉鯛」を手にしよう!
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「ようやく本格的な冬の鹿島沖になってきた感じ。シーズン当初はヒラメが溜まる根周り、磯のカケアガリ、砂利場などでの数釣りだったけど、最近はイワシの回遊狙いで大型が釣れる」と「義心丸」の大森誠船長の声。
鹿島沖のひとつテンヤマダイが激アツだ! 秋のマダイシーズンに突入するや5㎏オーバーの大ダイが連発している。秋のマダイというと小型の数釣りのイメージだが、「ここ数年鹿島沖の秋は、数はそれほどでもないけど大ダイが狙えるシーズンになってますねー」とひとつテンヤマダイを大得意とする鹿島港「義心丸」の大森 誠船長。
茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋シーズンに突入した。「今年はお盆過ぎあたりから食いだしました。キロ前後主体ですが2㎏前後まじりで順調に食っていますよ」と、鹿島港「義心丸」の大森誠船長は言う。
茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋の好シーズンに入り、連日大型がヒットして大きな盛り上がりを見せている。
鹿島沖のひとつテンヤマダイは春から秋を中心にほぼ周年楽しめるが、夏のシーズンもおもしろい。鹿島港「義心丸」では、6月4日に7.84㎏の大物が上がった。「鹿島沖には春と秋にシラスの群れが来て、それを漁船が狙います。シラスがいるときはそれを追って魚の活性が高くなるので、マダイも大型が期待できる。
解禁初日の11月1日。鹿島沖のヒラメを狙って、ドクター近藤惣一郎は鹿島港「義心丸」に乗船した。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読