駿河湾に関する釣り記事


爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

怒号が聞こえた。釣れ盛っているようだ。指示ダナは30〜50m。投入の合図と同時にメタルジグを落とすと、途中でガツガツアタってくる。たしかに「あくでえ」食いだ。


ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

駿河湾のタチウオジギングが好調だ。しかし、爆っていてもコロリと状況が変わってしまうのが幽霊魚・タチウオ。今、釣れているなら、即座に行かなければ! 行けるときに、すぐ行く。これがタチウオ攻略の基本中の基本の第一歩だ。


ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

こんな陸近くでアカムツが釣れるの? 目の前の船は何? コマセマダイ船団かあ」、こんな会話が世界遺産になっている三保の松原をすぐ目前にする海上で交わされる。駿河湾は急深のところが多く、水深200mまで一気に掛け下がっているところも珍しくない。陸近くであっても、そこはアカムツのポイントとなるという。


来たぜ、夜タチウオ最盛期! キロクラス続々だ!!【駿河湾・由比沖】

来たぜ、夜タチウオ最盛期! キロクラス続々だ!!【駿河湾・由比沖】

駿河湾のほぼ中央、由比沖のタチウオが、11月のスタート以来絶好調! 多少の上下動はあるが、おおむねトップ50~70本と釣れに釣れているのだ。サイズは指3~3.5本平均で、指2本のいわゆる“シラガ”サイズは数十本に1本まじるかどうか、という程度。写真にもあるように、大型クーラーはみな満タンだ。


いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

「焼津沖のタチウオはサクラエビを食べているので、甘みが非常に強くて最高に美味しいよ。これからの季節はちょっと寒いけど、本当に美味しいタチウオだから、来る価値は十分にありますよ!」と常連さんは語った。嘘か誠か…。


これからエンジン全開になる肉厚の寒ビラメを迎撃【駿河湾・由比沖】

これからエンジン全開になる肉厚の寒ビラメを迎撃【駿河湾・由比沖】

サクラエビの水揚げナンバーワンの由比港で、にわかに盛り上がってきた釣りがある。あの、前アタリから食わせるまでのスリリングな展開に誰もがアツくなるヒラメ釣りが、それだ。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

寒いなんて言っていられない! 夜タチウオ、ベストシーズンが到来したぞっ! 脂たっぷり甘みたっぷりの指3~5本サイズが釣れてます! 行くしかないぞっ、沼津沖へ!


爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

ヒラメ釣りというと、どうしても茨城、房総エリアに注目が集まる。ヒラメ狙いで出船する船数も多く、釣果の情報も数多く目にするので、それも当然だろう。しかしここ駿河湾にも、ひとしれずひっそりと? ヒラメが爆釣しているポイントがあったりするのだ!


ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

今年も沼津沖に熱い季節がやってきた。待望のタチウオシーズンが開幕したのだ。 10月下旬現在は、まだシーズン初期とあって釣果にムラがあったが、日を追うごとに状況はよくなっていて、指3~4本ほどの食べ頃&良型が15本前後釣れている。


晩秋~冬の風物詩・夜タチウオ開幕!【駿河湾・沼津沖】

晩秋~冬の風物詩・夜タチウオ開幕!【駿河湾・沼津沖】

駿河湾・沼津沖に、熱い夜の季節がやってきた。晩秋から冬に最盛期を迎える「夜タチウオ」が開幕したのだ。


駿河湾は一気に秋色、マダイ狙いでワラサ乱舞【沼津湾内〜西伊豆沖】

駿河湾は一気に秋色、マダイ狙いでワラサ乱舞【沼津湾内〜西伊豆沖】

沼津沖の湾内は、三方を山に囲まれているため、西風以外よっぽどの大シケではないかぎり、波静かなので出船可能だ。沼津久料「魚磯丸」がもっとも得意とするポイントは、沼津湾内でも超一級の実績ポイント、平根。なんとここへは、港を出てから数分で着いてしまうほどの近さ。マダイはもちろん、ワラサ、ヒラマサ、カンパチなどが回遊中だ。


大型続々! タチウオ・ベストシーズン突入【駿河湾・焼津~安倍川沖】

大型続々! タチウオ・ベストシーズン突入【駿河湾・焼津~安倍川沖】

指7本!!!!!!! 獲ったど〜〜〜〜〜〜〜! これぞ正真正銘・怪物〝ドラゴン〟だ! 心して見よ。


狙いはドラゴン級! 朝タチウオ絶好調!!【駿河湾・由比沖】

狙いはドラゴン級! 朝タチウオ絶好調!!【駿河湾・由比沖】

「朝タチウオ、好調ですよ。いつもなら夜が中心になっている時期なんですが、今年は1ヵ月くらい遅れている感じ。朝の好調さが、いつまで続くかは分からないんですけどね」。言葉の主は駿河湾、由比港「神栄丸」の石原佑紀船長だ。


駿河湾のキハダ、湾内大量回遊中!【駿河湾】

駿河湾のキハダ、湾内大量回遊中!【駿河湾】

キハダゲームならではの極上のギャンブル感。これに多くのアングラーは虜になってしまうのだ。スーパーボイルに遭遇すれば、その日はビッグデイ。さぁ行こう、大物が待ってるぜ!


由比沖のヒラメ、穴場の解禁ポイントでアタリ連発【駿河湾・由比沖】

由比沖のヒラメ、穴場の解禁ポイントでアタリ連発【駿河湾・由比沖】

ヒラメの解禁というと房総エリアや茨城エリアに注目が集まるが、実はその他のエリアでも、ひっそりと? ヒラメが解禁し好調に釣れている場所がある。駿河湾の湾奥部、由比沖周辺は、そんなヒラメ釣り場のひとつだ。


数はそのままサイズアップ! 沼津沖の夜タチウオ【駿河湾・沼津沖】

数はそのままサイズアップ! 沼津沖の夜タチウオ【駿河湾・沼津沖】

「タチウオって、バラすから面白いんだよね」。これは某タチウオ名人が言った言葉だ。このタチウオ名人の一言が私をタチウオ釣りの魔界に引きずり込んだ。毎週のようにタチウオ船に乗り、タチウオ釣りにのめりこんでいった。バラすから熱くなる。熱くなるからのめりこむ。だから今日も釣りに行くのだ。


駿河湾が面白い! 昼はカツオ、夜はタチウオだっ【駿河湾】

駿河湾が面白い! 昼はカツオ、夜はタチウオだっ【駿河湾】

秋の駿河湾のオフショアゲームは昼夜問わずエキサイティング。狙うは昼はカツオ、夜はタチウオ。たっぷりと刺激的な時間を過ごして欲しい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読
フィッシングショー2018