駿河湾に関する釣り記事


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


初夏の風物詩が開幕! 夜ムギイカの釣り方をご紹介(福将丸)

初夏の風物詩が開幕! 夜ムギイカの釣り方をご紹介(福将丸)

駿河湾、沼津から西伊豆エリアの夜ムギイカは今シーズン、例年並みと言える4月上旬に開幕。4月も束釣りを記録しているが、今シーズンの序盤戦はムラがあり、好不調の波が大きかった。


ライト中深場タックルで幻の大型魚アラ浮上!(駿河湾・大宝丸)

ライト中深場タックルで幻の大型魚アラ浮上!(駿河湾・大宝丸)

10㎏のアラ。まさに幻といえる高級魚だ。この貴重な大アラを近年ターゲットにして何本も釣り上げている船宿がある。清水の「大宝丸」がそれだ。


狙うはドラゴン級だ! 初夏のタチウオジギング【駿河湾・由比沖】

狙うはドラゴン級だ! 初夏のタチウオジギング【駿河湾・由比沖】

ドラゴンとは大型タチウオのこと。誰が言い始めたのか? またどのくらいのサイズをそう呼ぶのかの定義は定かではないが、タチウオ好きがよく口にする憧れのビッグワンだ。


今が旬!ジャンボイサキを釣りまくれ!【駿河湾・御前崎沖】

今が旬!ジャンボイサキを釣りまくれ!【駿河湾・御前崎沖】

本格的な夏を前に、関東〜東海の広範囲で好調に釣れているのがイサキだ。この時期のイサキ釣りの特徴は、お腹に真子や白子をたくわえた良型が多いということ。時にはジャンボサイズばかりという日もある。さあ、このハイシーズンを逃さず、ジャンボイサキを釣りまくろう!


魚影の濃さはピカイチ、大ダイを連発させよう!【駿河湾・御前崎沖】

魚影の濃さはピカイチ、大ダイを連発させよう!【駿河湾・御前崎沖】

例年、関東各地のマダイポイントよりも一足早く乗っ込みに突入する御前崎沖。東海地方に属するエリアだが、関東各地からも日帰りで行ける釣り場だ。今シーズンの御前崎沖は、関東各地のマダイポイント同様に乗っ込み開始が遅れた。それでも、3月末頃には「オモリ」と呼ばれる一級ポイントで本格化し、好釣果が記録され始めた。


トップ80本超えも! 日中タチウオ開幕!【駿河湾・富士川沖】

トップ80本超えも! 日中タチウオ開幕!【駿河湾・富士川沖】

駿河湾の大人気ターゲット・タチウオが、いきなりなんとトップ60~80本以上という驚くべき釣果で開幕した。まさに大爆釣だ。


乗っ込みマダイのピークは、 いまだっ!!【駿河湾・御前崎沖】

乗っ込みマダイのピークは、 いまだっ!!【駿河湾・御前崎沖】

乗っ込みマダイの聖地、御前崎沖のオモリ&カド根がハイシーズンに突入! ってことで、4月の中旬、今期の様子を伺うべく「増福丸」へ向かった。


いよいよ良型マダイが上がり始めたぞ!【駿河湾・沼津久料沖】

いよいよ良型マダイが上がり始めたぞ!【駿河湾・沼津久料沖】

御前崎エリアに次いで、比較的早くからマダイの乗っ込みがスタートする沼津エリア。今年は3月に入ると、良型マダイがポツポツと取り込まれはじめた。その多くが、お腹に真子や白子を抱えており、乗っ込みの気配が見えていた。


神出鬼没のタチウオ、 突如爆釣スタート!【駿河湾奥沼津沖】

神出鬼没のタチウオ、 突如爆釣スタート!【駿河湾奥沼津沖】

太平洋に西風強風をもたらす西高東低の冬型の気圧配置。とくに今年は寒気とこの気圧配置のため、西風がよく吹いている。そんななか、西風の影響が沖に比べて少なく出船率が高いといわれる沼津沖では、2月初めより夜タチウオが爆釣モードに突入中だ。トップ100本釣果もあり、出船できれば50本オーバーもザラという。


浅場でカカリ釣りの夜ヤリイカ開幕中【駿河湾・大瀬崎沖】

浅場でカカリ釣りの夜ヤリイカ開幕中【駿河湾・大瀬崎沖】

駿河湾奥の沼津沖周辺はヤリイカシーズンまっただなか。日中は大瀬沖、「魚磯丸」に乗船すると久料からは約15分ほどの水深150〜200mで良型ヤリイカが乗る。比較されるのが駿河湾中央部の石花海だが、サイズは引け劣らず大型で10杯も釣れば十分だ。


浅場の大型ヤリイカを狙え!【駿河湾大瀬崎沖&東伊豆沖初島周り】

浅場の大型ヤリイカを狙え!【駿河湾大瀬崎沖&東伊豆沖初島周り】

昨年夏から秋、日本海は福井県越前沖や小浜沖、金沢沖で大ブレイクした夜イカゲーム。餌木やナマリスッテひとつでアカイカやブドウイカなどのケンサキイカをひとつテンヤマダイやタイラバなどのライトタックルで釣るというもの。


“早朝”タチウオは今がチャンス!【駿河湾・焼津~安倍川沖】

“早朝”タチウオは今がチャンス!【駿河湾・焼津~安倍川沖】

タチウオ釣りの場合、エサ釣りの釣果がいいときは、概してジギングは厳しいことが多い。ところが今の焼津沖は、エサは常に堅調な釣果を維持し続けていつつも、ルアーも絶好調に釣れている。


近場でコンスタントに釣れる良型アカムツ【駿河湾・焼津沖】

近場でコンスタントに釣れる良型アカムツ【駿河湾・焼津沖】

今シーズン、駿河湾のアカムツが絶好調だ。ここ焼津沖周辺は急深の地形のため、ポイントは港から至近。水深200〜250mには周年、アカムツが生息しているという。そのため、一年中アカムツが狙えるという。


爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

怒号が聞こえた。釣れ盛っているようだ。指示ダナは30〜50m。投入の合図と同時にメタルジグを落とすと、途中でガツガツアタってくる。たしかに「あくでえ」食いだ。


ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

駿河湾のタチウオジギングが好調だ。しかし、爆っていてもコロリと状況が変わってしまうのが幽霊魚・タチウオ。今、釣れているなら、即座に行かなければ! 行けるときに、すぐ行く。これがタチウオ攻略の基本中の基本の第一歩だ。


ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

こんな陸近くでアカムツが釣れるの? 目の前の船は何? コマセマダイ船団かあ」、こんな会話が世界遺産になっている三保の松原をすぐ目前にする海上で交わされる。駿河湾は急深のところが多く、水深200mまで一気に掛け下がっているところも珍しくない。陸近くであっても、そこはアカムツのポイントとなるという。


来たぜ、夜タチウオ最盛期! キロクラス続々だ!!【駿河湾・由比沖】

来たぜ、夜タチウオ最盛期! キロクラス続々だ!!【駿河湾・由比沖】

駿河湾のほぼ中央、由比沖のタチウオが、11月のスタート以来絶好調! 多少の上下動はあるが、おおむねトップ50~70本と釣れに釣れているのだ。サイズは指3~3.5本平均で、指2本のいわゆる“シラガ”サイズは数十本に1本まじるかどうか、という程度。写真にもあるように、大型クーラーはみな満タンだ。


いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

「焼津沖のタチウオはサクラエビを食べているので、甘みが非常に強くて最高に美味しいよ。これからの季節はちょっと寒いけど、本当に美味しいタチウオだから、来る価値は十分にありますよ!」と常連さんは語った。嘘か誠か…。


これからエンジン全開になる肉厚の寒ビラメを迎撃【駿河湾・由比沖】

これからエンジン全開になる肉厚の寒ビラメを迎撃【駿河湾・由比沖】

サクラエビの水揚げナンバーワンの由比港で、にわかに盛り上がってきた釣りがある。あの、前アタリから食わせるまでのスリリングな展開に誰もがアツくなるヒラメ釣りが、それだ。


ランキング


>>総合人気ランキング