MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

仙台湾に関する記事

仙台湾に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
春を告げる魚メバル。仙台湾の代表魚クロメバルのシーズンが開幕した。皆さんも周知のとおり高水温の影響はここ東北エリアも同様だ。だが、ようやくいつもの海に戻ってきたという。ここのクロメバルはサビキ仕掛けのみで釣るのがオススメだ。
更新: 2019-03-15 16:03:47
仙台湾のクロメバルは、サビキ釣りが主流で、これに適合する竿の調子は、アタリを弾かず吸収する柔軟な穂先から、確実にハリ掛かりさせる張りのある穂持ちに、バラシを防ぐ全体の曲がりというバランスが理想。
更新: 2019-01-28 12:00:00
今回取材した塩釜まがき港「東北丸」は、北部の牡鹿半島から南部の亘理沖まで広い範囲のポイントを引き出しに持ち、今期もナメタ五目釣りを楽しませている。ナメタガレイの生息域はヒラメと同じような岩礁帯だ。
更新: 2019-01-07 00:57:29
仙台湾のヒラメ釣りは三陸沿岸のヒラメ釣りをルーツとしたライト仕様であり、オモリは40〜60号で狙う。そんな釣り方から、3mの長竿よりも操作性の良い短めの竿がピッタリとくる。そして近年は2mほどのショートロッドも多く使われるようになってきて、ショートロッド対応の専用仕掛も船宿、釣り具店に各種並んでいる。
更新: 2018-11-21 01:02:34
仙台湾の秋を代表する釣り物といえばヒラメ。初夏のシーズンインから初冬まで続き、秋が最盛期となる。特に南部の亘理沖はヒラメのポイントが水深20〜50mのラインに広がり、ベイト豊富で魚影は抜群。塩釜や名取閖上の釣り船も、ヒラメ釣りには亘理まで走ってくることもある。
更新: 2018-10-11 01:09:13
秋のピークを迎えている仙台湾のヒラメ。特に亘理沖は好調で、シケ後の悪条件でも船中ボウズなし、最大5.4㎏の大判も上がった。亘理沖のヒラメの釣り方は、横流しをやらず糸を立てて流す。その日の潮、風にヒラメの活性、食い気などを計算に入れて、ポイントを這うように攻めていく。
更新: 2018-09-28 03:25:37
宮城県の仙台湾はカレイの海で全国に知られている。県内では人気№1の不動の沖釣りターゲットだが、8月はヒラメや青物などの引きが強い、または、大型の魚を看板にあげる船宿が多くなる。
更新: 2018-08-20 01:03:11
仙台湾亘理沖のヒラメ釣りは、6月に開幕した。6〜7月は、一人数枚程度の釣果だったが、8月になって状況は一転。トップ20枚以上、30枚を超すベテランもいる。まるで、カレイ釣りのようにヒラメをあげ、船中100枚超えがザラになったのだ。
更新: 2018-07-27 01:18:07
仙台湾は魚の宝庫だ。蔵王連峰からの清水が名取川から流れ込み、栄養豊富な漁場を形成している。
更新: 2018-07-19 00:59:08
釣り主体に行われていて、亘理「大海丸」ではメロウド(イカナゴ)が確保できるようになると、メロウドの泳がせでのメバル釣りも楽しませてくれる。生きたメロウドでメバル釣りというのは、瀬戸内海と亘理だけである。現在はメバルとカレイのリレーを行っている。
更新: 2018-03-04 14:23:45

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読