MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

関義丸に関する記事

関義丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
アジ釣りのメッカ走水漁港。プラチナ色に輝く、大きく肉厚で体高なアジが釣れる。食べて美味しく、釣って楽しいビシアジ。「関義丸」の半日船は、ビギナーやファミリーにもオススメだ!
沖釣りの代表的ターゲットアジ!基本さえマスターできれば、初心者も十分に楽しめる釣りだ。ここでは、そんなビシアジの基本をバッチリ紹介!
シ ケ気味の日でも出船率が高く楽しめるのが東京湾のビシアジ。走水港「関義丸」は午前午後の一日二便態勢で出船。半日でトップは20匹台~30匹台の釣果が続いている。
関義丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
春から夏にかけてが旬と言われるマアジ。今まさに脂が乗って美味しい時期だ。東京湾・走水沖は言わずと知れたアジ釣りのメッカ。速い潮が大型で美味しいアジを育んでくれるため、周年大型アジ釣りが楽しめるぞ!
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
「一番厳しい時季だからねー。正直食わない日もあるけど、今年はまあいい方だね」と走水港で半日アジ専門に出船「関義丸」の関口船長。この時季は脂が落ちて味の方でも厳しいのが本来だが走水沖のアジには関係ない。
東京湾を代表する魚の一つ「アジ」。東京湾のアジ釣りは通年で楽しむことができるが、あえてベストシーズンとしておすすめしたいのは今の時期。一番の理由は、釣りをするに最適な気候。二番目にアジの活性が高くて数釣りを期待できる。そして三番目に「天高く馬肥ゆる秋」。馬だけでなく魚もしかりで、釣れたアジも脂が乗って食味も楽しめる。
大アジが名物の走水沖は、秋の深まりとともにさらなる賑わいを見せている。水温の低下につれて脂が乗り始め、丸々太ったマサバもまじるうえ、アジも平均で30㎝級。何よりポイントが港の目の前なので、より長時間釣ることができる。
周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読