MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

関義丸に関する

表示順:
東京湾を代表する魚の一つ「アジ」。東京湾のアジ釣りは通年で楽しむことができるが、あえてベストシーズンとしておすすめしたいのは今の時期。一番の理由は、釣りをするに最適な気候。二番目にアジの活性が高くて数釣りを期待できる。そして三番目に「天高く馬肥ゆる秋」。馬だけでなく魚もしかりで、釣れたアジも脂が乗って食味も楽しめる。
大アジが名物の走水沖は、秋の深まりとともにさらなる賑わいを見せている。水温の低下につれて脂が乗り始め、丸々太ったマサバもまじるうえ、アジも平均で30㎝級。何よりポイントが港の目の前なので、より長時間釣ることができる。
周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。
神奈川が誇るブランド、走水の大アジ!「ここのアジは特別旨いんだよ!」と釣り人みんな口を揃えます。市場でも他のアジより高値がつくそうで、築地で買うよりも美味しいからと仕入れで釣りにくる料理屋さんがいるほど。
クククン! と小気味よく竿先を震わすアタリが魅力のアジ釣り。ドッキリするような派手さはないが、優しくホッとするアタリは何度味わっても飽きることがない。言わずと知れた東京湾アジの名ポイント走水沖では、梅雨どきも安定釣果を継続中。クククン! を何度となく楽しめる。
昨年の夏〜秋は、ずっと絶好調が続いていた東京湾のアジ。冬以降も好調が続いていたが、早春の時期にきて釣果にムラが出てきた。一年のなかでも水温が低く、また海況が激しく変わりやすいことが影響したのだろうか? それでも好調な日には、トップ50匹以上という日も珍しくないのだ。
9下旬の取材頃はぷっくりまん丸体型の良型アジが、トップで50〜60匹と絶好調。帰宅してさばいてみると、お腹の中には白い脂の塊がたっぷり入っていて、身は甘みが強く、刺身やタタキ、塩焼きなど、どんな料理にしても超絶美味。そんな美味しいアジが、今ならよりサイズ良く、より数釣れて、より釣り易いとなれば、これは行くしかないぜ!
向かったのは東京湾横須賀の走水港。『秋鯵』を狙っての釣行だ。ただでさえ美味で名高い走水のアジに加え、ここに来て脂がビンビンに乗ったマサバもまじり出したと聞いてのこと。食いしん坊アングラーとしては見逃せないエリア、そして時期の釣行なのである。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読