MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

信照丸に関する記事

信照丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
マハタが好調!勝浦松部港の「信照丸」では、トップ8匹の日、船中20匹も上がった日も!ここ数年で、マハタの魚影がもっとも濃いように思う。極上の味覚を狙いに勝浦へ行ってみよう。
旨い!何の魚かって、超が付く高級魚マハタだ!!勝浦松部港「信照丸」のマハタ五目では、この魚が一年中釣れる!エサ釣り&スロージギングもOK!高級根魚もゲストでまじる!!ぜひ、チャレンジしてみよう!!
信照丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ほぼ周年マハタ乗合を出しているのが勝浦松部港の「信照丸」。多くの根が点在する勝浦沖は魚影の濃さでは関東有数のポイントだ。釣れるマハタは1㎏~3㎏が多く、かつては5.8㎏の良型の実績もある。
水温の低下とともにベイト反応も増えて1~2㎏級中心に数が出ている。生きイワシを使うところはヒラメ釣りと似ていてタックルもヒラメ用が流用可能。起伏の激しい根周りを底から3m以上の高めのタナで狙うのが特徴。
勝浦沖のマハタ五目がおもしろい。言わずと知れた超が付く高級魚マハタ。これを専門に狙える貴重な釣り場の一つが勝浦沖で、松部港の「信照丸」では周年の看板にしている。
外房の大型タチウオが当たり年のようだ。勝浦松部港の「信照丸」では5月の終わりからタチウオ乗合を開始し、良型主体の数釣りが続いている。
今年も外房、勝浦沖でヤリイカが釣れだした。ヤリイカの産卵場所でもある勝浦沖は、小型のメスの群れを追うように大型のオスの群れが大挙して押し寄せてくる。
関東地方は久々の大雪と数十年ぶりの大寒波で釣行予定には悩むところ。この寒さを吹き飛ばしてくれるのが外房・勝浦松部漁港「信照丸」のマハタ五目だ。看板のマハタはもちろん、カサゴやヒラメなどの根魚のほか、ヒラマサ、ワラサなどの青物が釣れることもある。釣れる魚はどれも高級魚揃いだ。
東京湾、駿河湾のイメージが強いタチウオ。外房エリアは目新しく感じる人もいると思うが、じつは以前からタチウオは狙われていたそうだ。数年前にパッと姿を消してしまったために下火となっていたが、昨年から復活! 幽霊魚ともいわれるタチウオが再び現れ、今年も良い釣果が続いている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読