MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

征海丸に関する記事

征海丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
常磐沖・大根で青物ジギングが絶好調!ターゲットはヒラマサ、ワラサ・ブリ(イナダ)、サワラ、カンパチ。まさに青物勢揃い!波崎港「征海丸」では昨年12月は10㎏を超す大物が何本も取り込まれた。
現在、波崎沖の青物は小型のヒラマサがよくヒットしているが、今後はワラサがおもしろくなる。ワラサは例年では年明け以降も続く。ベイトとスピニングを使い分け、エキサイティングなジギングを楽しもう!
征海丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
スーパーライトジギング!ライトなタックルとライトなライン、軽量小型のジグを使い、いろんな魚を狙って釣る!スタイル。関東にも本格上陸!茨城・波崎港の「征海丸」がスーパーライトジギング船を開始。
今全国各地で盛り上がっている釣り“スーパーライトジギング”とは文字通りPE0.8号前後のライトライン&タックルで楽しむジギング。イサキが代表的ターゲットだが狙いは全国各地に生息するすべての魚たちが対象!
波崎沖のジギングがベストシーズン!「征海丸」須之内船長によると、5月以降のメインターゲットは、「ワラサ・イナダ、ヒラマサの青物です。また状況を見ながらスローピッチジャークを行いきます」という。
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読