MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

征海丸に関する記事

表示順:
未だ水温が高く、ワラサやイナダをメインターゲットとした青物ジギングの本格化が大幅に遅れている波崎沖・大根エリア。本来であれば11月頃といえばすでに絶好調なのだが、今期はポツリ、ポツリ…。
更新: 2019-01-11 00:55:39 公開: 2018-12-27 03:00:00
水温が17度を下回ってからは、ちょっとヒラマサが厳しくなってきましたね。今後はワラサ、ブリを中心に狙っていくと思いますよ」12月中旬に行った取材時、波崎港「征海丸」須之内哲也船長の言葉だ。
更新: 2019-01-07 00:57:21 公開: 2018-12-15 22:00:00
常磐沖にいよいよ青物ルアーゲームのシーズン到来だ! メインターゲットは、写真のワラサ・イナダの他に、ブリ、そして9月上旬の取材日は強烈なアタリがあったもののフックアウトしてしまったが、ヒラマサ。ブリは正真正銘の8㎏オーバー、ヒラマサは10㎏オーバーの実績もあるので、油断は大敵だ。
更新: 2018-10-15 00:58:05 公開: 2018-09-29 03:00:00
今年は当たり年! と言われ、関東近郊各エリアではヒラマサが好調にヒットしている。もちろんここ波崎沖・大根周辺も例外ではない。 “一日やって1本獲れるか獲れないか”といわれるほど難しいとされるヒラマサだが、ここ大根周辺では6月中旬頃より一人複数キャッチは当たり前というほど絶好調だ。
更新: 2018-06-18 00:56:27 公開: 2018-06-11 08:00:00
茨城県の南端、波崎をベースに営業している「sea★master征海丸」。これまでも多彩なルアーゲームを展開してきた同船が、このほど新たなチャレンジとして提案しているのが「ライトルアーマダイ」だ。
更新: 2018-04-05 23:33:43 公開: 2018-03-28 11:00:00
釣って超オモシロく食べて激オイシイ波崎沖のホウボウジギング。絶好調の今がチャンスだ。いますぐ釣行せよ!
更新: 2018-04-05 23:33:34 公開: 2018-03-27 22:00:00
「水温がまだ高く、潮も澄んでいる影響はあるとは思いますが、本来であれば今まさに最盛期を迎えているはずのワラサやブリが、今期は北からまだ本格的に降りて来ていないんです」と話すのは、波崎港「征海丸」の須之内哲也船長だ。
更新: 2018-01-14 06:04:44 公開: 2017-12-30 23:00:00
ポイントは広大な太平洋。ここ犬吠埼沖でキメジやカツオを狙う船はほんの数隻だけ…。やりたい放題だっ! さぁ、秋の大爆釣祭りの始まりだぁ〜。よっしゃ〜〜〜〜っ!!
更新: 2017-12-20 06:47:56 公開: 2017-09-27 23:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読