MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

サワラに関する記事

サワラに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
常磐沖・大根で青物ジギングが絶好調!ターゲットはヒラマサ、ワラサ・ブリ(イナダ)、サワラ、カンパチ。まさに青物勢揃い!波崎港「征海丸」では昨年12月は10㎏を超す大物が何本も取り込まれた。
マダイの好漁場として全国的に有名な新潟県上越沖。数はもちろんのこと、5㎏オーバーの大型もまじる。時化の合間がチャンス日!荒食いシーズン攻略を解説!おいしいマダイを釣りに行こう!!
マダイ&イナダからブリサイズを中心とした青物ゲームを中心に多彩なターゲットを楽しめる東京湾口ルアーゲーム。今後はサワラも期待!ティップランアオリイカもいい。船橋港「フレンドシップ」スタイルを紹介。
茨城・鹿島港「幸栄丸」のルアー船では、丸々と太ったワラサを中心に狙っている。サイズは6㎏オーバーも珍しくはなく、正にブリ級!この大ワラサを狙うなら、とにもかくにもスグの釣行がオススメだ。
ブリシーズン到来の合図となる「鰤起こし」到来!冬の新潟・柏崎沖でブリクラスを狙ったジギングゲームを堪能。スキッディング&ジギングで攻略「アシストクラブ金進丸」のブリゲームを紹介する。
イナダをメインとした相模湾LTジギング!タックルは、ジグマックス100g程度、長さ6フィート前後のロッドに、小型のスピニングリール!同船のエサ釣りは、サビキでウルメを釣って、そのまま置いておくだけでOK!
東京湾のビシアジが絶好調!近年、大アジの魚影は抜群。半日もあれば、レンタルタックルのビギナーでもお土産十分の釣果を期待できる。今後はマダイやクロダイがゲストにまじる。ベテランも大注目の走水沖だ。
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読