MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

サワラに関する記事

サワラに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ヒラマサ狙いで人気を集める千葉県外房沖。一般アングラーの足が遠のきがちなサマーシーズンも、時期ならではの魅力がある。夏から秋シーズンもジギング&キャスティングで狙うヒラマサを中心に、魚種多彩なゲストも楽しめる。
更新: 2019-09-15 08:58:16
常磐、日立会瀬沖は夏秋のマダイシーズンに突入。これからの時期は5㎏オーバーの大ダイチャンス!テンヤ、タイラバ、タイジグもOK!マゾイ、クロソイ、ホウボウ、オキメバル、イナダなど豪華ゲストも豊富だ。
更新: 2019-09-15 08:59:07
イナダやワラサ、ヒラマサ、サワラといった青物たちが回遊中の鹿島沖で青物ジギングが好調だ!1セットだけの持参であれば、大型に備えてPE3号を巻いたスピニングリールをセットしたタックルをオススメする。
更新: 2019-08-04 07:00:00
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20
相模湾にサワラが回遊。「7年ぶりか8年ぶりだと思うよ。前はサゴシサイズが多い時もあったけど、今年は今までの所はサワラサイズ。ただ、ムラが激しいのが困るよ」庄治郎丸でルアー乗合を担当する世古船長の言葉だ。
更新: 2019-01-30 07:00:00
11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。
更新: 2019-01-07 00:57:16
「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。
更新: 2018-06-26 08:22:09
「サゴシは去年から青物やタチウオ釣りでまじっていたんですけど、サワラが出だしたのは年明けすぐですね。平均3㎏半が水面でボコボコ、なんて日もありましたけど…」とは、磯子八幡橋「鴨下丸」でルアー船を担当する萩原敏広船長。
更新: 2018-02-13 04:17:47
東京湾のルアーゲームが好調だ。相手はシーバス、イナダ、ワラサ、サワラと多彩。メインターゲットはコレと決めづらい。そんな状況が続いてきた。
更新: 2017-12-20 06:47:55

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読