MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

葉山沖に関する記事

葉山沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
葉山沖のコマセマダイが、イナダ&ワラサ、カンパチなど青物まじりで楽しめている。注意したいのが仕掛けだ。ワラサは中型サイズでも引きは強い。青物に対応できるような仕掛けで臨むことが大事だ。
「ウチの子にも、釣りの楽しさを教えてあげたいなぁ」沖釣りの経験がある、お父さん、お母さんと呼ばれる人の中には、そう思っている人も多いことだろう。そこで、葉山柴崎港「福栄丸」のチョイキスが超オススメ!
初夏の訪れを感じて葉山芝崎「福栄丸」では、毎年恒例の「チョイキス」がスタート。「福栄丸」の「チョイキス」は13時50分出船でファンも多い。穏やかな葉山沖の釣りを誰にでも手軽に満喫することができる。
葉山芝崎「正一丸」は5月1日からマダコ船を開始。シーズン開幕前の試釣を取材してきた。サイズはまちまち、キロ級の良型〜小型まじり!小型がまじっているのは今年も沸きがいい証拠!今シーズンも期待できるぞ!
相模湾・葉山沖のマダコ仕掛けは、手釣りのスタイルで狙う。道糸は渋糸の25号前後。テンヤはオモリとテンヤのボディが分離したタイプか一体化したタイプ。オモリの号数は50号。とにかく小突くことが釣り上げるコツ!
キハダ&カツオのシーズンが終了すると、50㎝オーバーの大型に的を絞った「デカアマダイ船」を出船しはじめるのが葉山あぶずり港「たいぞう丸」だ。コンスタントに50㎝オーバーが取り込まれるようになった。
竿はリレーで使うノーマルのアマダイ用がイシダイには最適(もちろんマダイ用でも問題ない)。仕掛けは、ビシはマダイもイシダイもサニービシLの80号。ハリスは4号6m2本バリ、マダイと同じで大丈夫。
葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。
初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。
「たいぞう丸」では、ノーマルタックルとライトタックルの選択が可能だ。使用する道糸がPE3号以上の場合はノーマルタックルに分類。その場合はオモリ80号を使用する。道糸1~2号はライトタックルに分類し、その場合はオモリ60号を使用する。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読