MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

有間川沖に関する記事

有間川沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
タックルは、「日本海電気釣り仕様」といわれる4mを超える長尺竿に実績がある。リールはPE8号300m以上巻ける中大型電動リール。道糸のPEラインは一生に何度もないブリとの対峙に備えて新品を用意したいもの。
脂のりのりの極上寒ブリをエサで釣ることができる貴重な釣り場が上越・有間川沖だ。夜釣りで狙う。「今年はブリが釣れれば、すべてブリ。ワラサイナダはまじりません。こんな年はめったにありません」とは、この釣りを得意とする直江津港「第二八坂丸」の竹内敏幸船長の弁。
上越沖では、毎年、11月半ばからブリが回遊する。全国的にもブリは年々増加しているが、ここのブリはちょっと違う。あの有名な高級ブリ、富山の氷見の寒ブリと同じなのだ。丸々とした魚体、そして、身にはたっぷりと脂を蓄え、最高級ブリの名のとおり、食せば誰もが舌鼓を打つこと間違いなしの魚だ。
「佐渡島でブリの水揚げがあったら必ずその一週間以内に上越沖に回遊してくる」と、地元の釣り人たちが口癖のように話す。というのも、ブリは新潟でもこの時期貴重な魚だ。全身霜降りのこの魚は年末近くになれば、縁起のよい魚として1㎏1万円という高値で取引きされるほどだ。
秋の日本海はおいしい魚が目白押しだ。そのなかのひとつマダイ。上越沖がいよいよ秋マダイのシーズンを迎えた。さらに、今年はうれしいゲスト、絶品ヒラマサがまじるという。さらにさらに、船長がオススメしているのが、マダイの夜釣りだという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読