MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

安田丸に関する記事

安田丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
「安田丸」は年明けオニカサゴ乗合と深場五目乗合で出船。深場五目はもうひとつの看板で、100m前後の水深をコマセ釣りで狙い、オキメバルを中心にイサキ、キントキ、高級魚ヒメダイまじりで多彩な魚が顔を出す。
南房のオニカサゴが好調キープ! 周年狙うことのできる人気ターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」とは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
爽やかな初夏の陽気が続いているが、そんななか房総エリアのイサキ釣りが好調! 好釣果が安定して続いており、釣果に規定数を設けているエリアでは、トップが規定数に達することも。
4月に入り水温の上昇と共に南房のイサキが食いだした。毎年同エリアではクーラー満タンの良い釣りをさせてもらっている。乱獲は慎みたいものだが、たまにはバリバリ釣りまくってストレス解消も良いものだ。
南房総・相浜沖のイサキが釣れている。当エリアのイサキは3月から開幕しているが、今までは水温が低く、型も不ぞろいだった。ところが、ここにきてグッと水温が上がり、数、型ともに満足できる好釣果が続くようになった。
南房のイサキは3月に開幕するが、この時期は天候や水温が安定せず、釣果にもムラがあることが多い。しかし、今年は大風の日が多いものの中旬頃から釣果も安定。たびたび50匹オーバーも記録され全開宣言も。そこで3月20日、南房・相浜港「安田丸」から様子を確かめてきた。
相浜港・安田丸の「深場五目釣り」。深場と聞いて、場所柄もあり、オニカサゴやキンメダイといった魚が、パッと頭の中に浮かんだ。しかし、よく話を聞いていくと、イサキ、メバルをメインに水深100m前後を攻めると、キントキダイ、ヒメダイ、クロムツetc…、食べて美味しい魚たちが沢山釣れてくる。なんともおもしろそうな釣りだ。
オニカサゴ釣りのハイシーズンと言えば冬! と、誰もが答えると思うが、釣ることだけを考えると、8〜10月。実はこの時期こそが最適なのだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読