MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

棒面丸に関する記事

表示順:
仕掛けはL‌Tマダイ用のテンビンにビシ40号、1.5~2㎜のクッションゴムを1‌mつける。ビシはプラビシ、アンドン、ステン缶など。ロッド、リール、キーパーほか、テンビン、ビシまで無料でレンタル可能
更新: 2019-01-19 03:00:00 公開: 2019-01-19 03:00:00
ックルは2m前後の6対4から7対3調子のロッドに、小型両軸または小型電動を組み合わせる。ロッドは慣れた人は軟らかいものでもいいが、慣れない人は7対3調子ぐらいが使いやすい。
更新: 2019-01-07 00:57:29 公開: 2018-12-18 22:00:00
沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどが主なターゲット。
更新: 2018-11-14 03:55:19 公開: 2018-10-22 07:05:00
ロッドはビシ80号に適合したマダイ、ワラサ用ほか、遠征五目用などを用いる。今シーズンのワラサは大型が多いので、マダイ竿を使用する場合も、腰の強い硬めの竿を選ぶといいだろう。リールは中小型電動リール。道糸はPE4号以上で。PEは傷がついていたり、ほころんでいるようなものはやり取り中に切れることもある。
更新: 2018-10-15 00:58:09 公開: 2018-09-27 22:00:00
大変長らくお待たせいたしました。待ちに待った! ついに大場所“城ヶ島”周辺でマルイカが釣れ始めたぞーーー!今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪港「棒面丸」。
更新: 2018-10-12 02:50:34 公開: 2018-04-05 03:00:00
今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「棒面丸」。剣崎と聞いてまず思い浮かべるのはマダイやワラサですね。特に今の時期は普通に考えれば、まあマダイですわな。そりゃあ確かに正しい。まさか、カサゴなんて答える人はいないでしょう。いたら根魚偏愛主義者かヘンタイですよ。
更新: 2018-10-12 04:09:45 公開: 2018-03-22 08:00:00
三浦半島・剣崎沖のマダイはこの冬から春の低水温下でも順調な食いを見せていた。近場のコマセマダイのメッカ、三浦半島・剣崎沖も春の好シーズンを迎えようとしている。LTマダイの看板を掲げる剣崎松輪「棒面丸」では春の気配を感じさせてくれるマダイたちが連日ヒットしている。
更新: 2018-10-12 02:51:25 公開: 2018-03-16 22:00:00
秋の訪れと共に釣果が上がり出すマダイ。「ちょっと前まではワラサやイナダが多くまじっていたけど、最近はマダイがメインになりつつあるよね。秋は数釣りのイメージがあるけど、大物も出るから侮らないようにね」とは、この道具を使ったマダイ釣りを約10年前から導入している「棒面丸」の鈴木俊一船長だ。
更新: 2018-10-12 02:54:29 公開: 2017-10-23 02:00:00
関東屈指のマダイポイントである剣崎沖、春の乗っこみと秋の落ちダイを主に、ほぼ周年マダイ釣りが楽しめる。剣崎松輪港では多くの船宿がマダイ乗合を出船しているが、その中で唯一のLTマダイ乗合を出船しているのが「棒面丸」だ。私にとっては初めてのLTマダイで、どんな釣りなのかわくわくしながら港へと向かった。
更新: 2018-10-12 02:56:16 公開: 2017-10-10 23:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読