ジギングに関する釣り記事


大物の聖地・銭洲解禁! ジギングでカンパチ&よりどり五目【銭洲】

大物の聖地・銭洲解禁! ジギングでカンパチ&よりどり五目【銭洲】

4月を迎えると、春の訪れとともに釣り人に朗報がもたらされる。銭洲の解禁だ。今年も例年通り、4月1日に禁漁が解かれた。


高コスパリール「クロシオ 33PGX/43PGX」はジギングに最適

高コスパリール「クロシオ 33PGX/43PGX」はジギングに最適

コストパフォーマンス性が高いジギングに最適なパワーギアスピニングリール


引き味抜群! 手軽に楽しめる! 東京湾シーバスに行こう!【東京湾】

引き味抜群! 手軽に楽しめる! 東京湾シーバスに行こう!【東京湾】

誰でも手軽に楽しめるルアーゲームの代表格、東京湾のシーバスが依然好調だ。


青物ゲームがおもしろい! ヒラマサ&ワラサ活況!!【外房沖】

青物ゲームがおもしろい! ヒラマサ&ワラサ活況!!【外房沖】

ヒラマサ狙いで人気を集める外房沖。近年では夏場のわずかな期間をのぞき、ほぼ周年楽しめる、身近な存在になっている。


イージーゲームを楽しもう! ベイエリアシーバス【東京湾・川崎沖】

イージーゲームを楽しもう! ベイエリアシーバス【東京湾・川崎沖】

「どんなテクニックを使っているかって? 普通に落として巻いているだけだよ」 川崎「つり幸」のシーバス乗合、その船上で入れ食いを演じていた釣り人の言葉だ。その言葉に嘘偽りはない。


いよいよベストシーズン突入! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

いよいよベストシーズン突入! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

東京湾のジギングをメインとしたシーバスゲームが日に日に状況が上向き、数はもちろん、サイズもグッと良くなってきている。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


ジギング&キャスティングで攻略、東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

ジギング&キャスティングで攻略、東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

東京湾のシーバスが活況だ。「8割方は産卵を終えたんじゃないかな? 昨日はサワラの帰りにちょっとやって60㎝オーバーばかりが入れ食い。トリヤマがすごくて、ずっとトップで遊んでいましたよ」声の主は東京湾のルアーゲーム全般を得意とする「フレンドシップ」、田岡要司船長。景気のよい話に誘われて同船取材に出掛けてみた。


激うまサワラを求めてジギング&キャスティング【東京湾・観音崎沖】

激うまサワラを求めてジギング&キャスティング【東京湾・観音崎沖】

「サゴシは去年から青物やタチウオ釣りでまじっていたんですけど、サワラが出だしたのは年明けすぐですね。平均3㎏半が水面でボコボコ、なんて日もありましたけど…」とは、磯子八幡橋「鴨下丸」でルアー船を担当する萩原敏広船長。


ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

駿河湾のタチウオジギングが好調だ。しかし、爆っていてもコロリと状況が変わってしまうのが幽霊魚・タチウオ。今、釣れているなら、即座に行かなければ! 行けるときに、すぐ行く。これがタチウオ攻略の基本中の基本の第一歩だ。


キャスティングとジギングで狙う東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

キャスティングとジギングで狙う東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

さあ、待望のシーズン開幕だ! 青物まじりで絶好調!! 激アツイぜ東京湾!!! 爆オモロイぜシーバスゲーム!!!!


日本海ブリジギング、シーズン開幕!!【上越沖】

日本海ブリジギング、シーズン開幕!!【上越沖】

日本海のブリジギングシーズンがいよいよ開幕した。上越沖は11月末より待望のブリが回遊。12㎏という大型もキャッチされている。


みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

9月下旬の大雨の影響で、沿岸部には濁った潮が…。「前日よりもさらに濁って、しかも水温まで下がってしまいました…」とは「不動丸」吉清船長。取材日はジギングで攻略し、この潮の中でショゴ(カンパチの若魚)やイナダが連続ヒットしたぞ。


外房のヒラマサが依然としてジギングで好調だ【外房】

外房のヒラマサが依然としてジギングで好調だ【外房】

「ヒラマサの数自体は多いですよ」と「第二松鶴丸」中村船長は話す。「ただ、小さい群れが広範囲にポツン、ポツンといるような感じです」。したがって、いくら好調とはいえ乗船者全員がキャッチできるかといえば、そこは外房のヒラマサ、そこまでは甘くはない…。


五目で楽しむスローピッチジャークジギングゲーム【飯岡沖】

五目で楽しむスローピッチジャークジギングゲーム【飯岡沖】

「本命がない釣り、というのがスローピッチジャークの魅力だと思います。釣れるものは何でも釣っていきますよ」と語るのは飯岡港「幸丸」の渡辺一司船長。関東エリアでは数少ない、スローピッチジャーク専門の看板を掲げている。


ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

今年も沼津沖に熱い季節がやってきた。待望のタチウオシーズンが開幕したのだ。 10月下旬現在は、まだシーズン初期とあって釣果にムラがあったが、日を追うごとに状況はよくなっていて、指3~4本ほどの食べ頃&良型が15本前後釣れている。


秋のジギングは、五目で楽しむ青物ゲーム【常磐鹿島沖】

秋のジギングは、五目で楽しむ青物ゲーム【常磐鹿島沖】

「春からずっと調子が良かったんだけど、ここ2週間くらいいまひとつかな。悪いときを狙ってきたの?」冗談まじりに迎えてくれたのは鹿島港「第十八不動丸」でルアー船を担当する栗山尚久船長。実際、今年の春の鹿島沖は絶好調。とくにヒラマサ狙いのキャスティングゲームが盛り上がり、夏に入っても大型まじりで釣れ続いていた。


ジギング&キャスティングで狙うキハダ・カツオ【千葉・犬吠埼沖】

ジギング&キャスティングで狙うキハダ・カツオ【千葉・犬吠埼沖】

犬吠埼沖でキハダにキメジ、そしてカツオが“超”激アツだ! いつまで釣れ続くのかは分からないが…とにかく今が凄い! この一期一会の大爆釣、この機会を絶対逃すな! こんなもんを読んでないで、即釣りに行くべきだ!


外房ヒラマサゲーム・秋の陣、始動中!【外房】

外房ヒラマサゲーム・秋の陣、始動中!【外房】

関東が誇るヒラマサフィールド、外房沖。夏場に苦戦することはあるものの、近年ではワラサ狙いも兼ね、周年のターゲットとして定着している。秋シーズン開幕には少し時期尚早? と思いつつも、大原港の「松鶴丸」に出向いてみた。


大型シイラ&良型ワラサをキャスティング&ジギングで攻略【上越沖】

大型シイラ&良型ワラサをキャスティング&ジギングで攻略【上越沖】

上越エリアで真夏のキャスティングの定番“シイラゲーム”が9月にやっと開幕した。遅れてやって来たミッドサマーゲームを存分に楽しんで、夏を取り戻せ!


ランキング


>>総合人気ランキング