MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

オニカサゴに関する記事

オニカサゴに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
秋の気配が感じられる頃に始まる東京湾口のアマダイ。釣り場は剣崎沖。剣崎沖といっても西沖から南沖とポイントは広範囲。現在の水深は80m~100m。臼井美船長は風向きと潮向きを読みながら、丁寧に船を流し、アマダイが固まっている場所を探っていく。
更新: 2019-09-29 17:18:15
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
真夏に超早朝出船する南房・太海港「聡丸」。前半はフラッシャーサビキでクロムツを狙い、後半はスルメイカ!グルメ釣り師も納得のリレー釣りをタックル&仕掛けから釣り方まで徹底解説!
更新: 2019-08-06 07:00:00
釣り物が少ない季節の救世主。数釣りよりもサイズ狙い。犬吠埼沖の大オニはルアーでもエサでも有効!ゲストはアラ、メバルなど多彩でお土産十分。夏のオススメターゲットを紹介!
更新: 2019-07-12 14:59:38
アラを釣るため「活きエサ=ヤリイカ確保」で臨んだヤリイカが予想以上の乗り&大型ぞろい。十分な土産を確保して、緊張感が緩んで「今日はダメかな」と思った終盤に「ちょっと違う」アタリが竿先を叩いたぞ!
更新: 2019-04-04 12:00:00
仕掛けは好みでオーケー。ハリスは6号以上なら市販のものならなんでもよい。 手持ち竿で積極的に攻めるならハリスの全長は2m以内。置き竿でのんびり釣りたいなら2〜3mと少しハリスを長めにとるとよいだろう。
更新: 2019-02-25 12:00:00
「今期は例年以上に良い感じだよ。なんたって年明けからオデコの人が少なく、釣り座に関係なくコンスタントに釣れてるからさ」と、乗船時に満面の笑顔で状況を話してくれたのは勝浦港「初栄丸」の渡辺和明船長だ。
更新: 2019-02-14 12:00:00
冬将軍がやってくるこの時期、芯から温まるには鍋! そんな考えがちょいちょい脳裏を横切るが、それにもってこいの高級魚・オニカサゴが好調に釣れている場所がある。ズバリ、東伊豆の伊東沖だ。
更新: 2019-02-01 12:00:00
布良沖は南房を代表する中深場ポイント、布良瀬。海図をみれば、一目瞭然。起伏どころか海溝もあり、根魚が潜むには好都合の海域なのだ。そんな布良瀬をホームグラウンドにしているのが、布良港「仁平丸」だ。
更新: 2019-01-18 22:00:00
オニカサゴ仕掛けは、市販のものでよいが、基本はハリス長2m、2本バリ。さらにテンビンの先から20〜30㎝のハリスを1本付けたものがベスト。テンビンも仕掛けも多めに持参していくと良い。
更新: 2019-01-15 00:49:28

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読