MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

オニカサゴに関する記事

オニカサゴに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
千倉沖イワシ泳がせ五目が好調なスタート。マイワシをエサにマハタ、ヒラメをメインに狙う!ゲストも青物、根魚など豪華多彩。南房のイワシ泳がせ五目釣り!最高におもしろいぞ!
横須賀・久比里出船のアマダイは初秋ごろに開幕。来春までとかなりロングランで楽しめる。剣崎沖周辺は50㎝オーバーが釣れるポイントで、今シーズンもすでに複数本ゲットされている。今年も絶好調の予感アリだ!
東京湾口 剣崎沖のアマダイ。西沖から南沖とポイントは広範囲。現在の水深は80m~100m。臼井美船長は風向きと潮向きを読みながら、丁寧に船を流し、アマダイが固まっている場所を探っていく。
南房のオニカサゴが好調キープ! 周年狙うことのできる人気ターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」とは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
真夏に超早朝出船する南房・太海港「聡丸」。前半はフラッシャーサビキでクロムツを狙い、後半はスルメイカ!グルメ釣り師も納得のリレー釣りをタックル&仕掛けから釣り方まで徹底解説!
釣り物が少ない季節の救世主。数釣りよりもサイズ狙い。犬吠埼沖の大オニはルアーでもエサでも有効!ゲストはアラ、メバルなど多彩でお土産十分。夏のオススメターゲットを紹介!
アラを釣るため「活きエサ=ヤリイカ確保」で臨んだヤリイカが予想以上の乗り&大型ぞろい。十分な土産を確保して、緊張感が緩んで「今日はダメかな」と思った終盤に「ちょっと違う」アタリが竿先を叩いたぞ!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読