MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

オニカサゴに関する記事

表示順:
布良沖は南房を代表する中深場ポイント、布良瀬。海図をみれば、一目瞭然。起伏どころか海溝もあり、根魚が潜むには好都合の海域なのだ。そんな布良瀬をホームグラウンドにしているのが、布良港「仁平丸」だ。
更新: 2019-01-18 22:00:00 公開: 2019-01-18 22:00:00
オニカサゴ仕掛けは、市販のものでよいが、基本はハリス長2m、2本バリ。さらにテンビンの先から20〜30㎝のハリスを1本付けたものがベスト。テンビンも仕掛けも多めに持参していくと良い。
更新: 2019-01-15 00:49:28 公開: 2019-01-13 22:00:00
勝浦港「初栄丸」も、そのスタイルで出船している。出船後、まずはフラッシャーサビキ釣りを行う。タックルはオニカサゴのものそのままでOK。仕掛けは幹糸6~8号、ハリス4~6号の7~8本バリ、フラッシャーはピンク&ホワイトが定番だ。
更新: 2019-01-09 00:56:17 公開: 2019-01-08 22:00:00
「11月から3月までここ富山湾内で出船してます。うちの看板は高級根魚であるアカムツ、アマダイ、オニカサゴの3種。そのうち2種または3種のリレー釣りをメインに出船してます。」と、「北龍丸」の安藤船長。
更新: 2019-01-15 00:48:52 公開: 2018-12-29 03:00:00
西伊豆沖のオニカサゴ釣りの特徴は、派手な仕掛けが有効であること。石花海同様、世界に稀にみる海溝、駿河トラフに接しているのも、その理由のひとつかもしれない。派手な仕掛けとはなにか。エサを大きめに付け、ハリにはタコベイトなどのいわゆる光り物を各種装着。さらに、テンビン付近に水中ライトを付けるというもの。
更新: 2019-01-15 00:48:44 公開: 2018-12-27 22:00:00
勝浦沖の中深場を「ディープゾーン」と称し、高級根魚を追い続ける勝浦港「初栄丸」渡辺和明船長。
更新: 2018-10-30 02:30:14 公開: 2018-11-03 22:00:00
クロムツとオニカサゴ、深場釣り、中深場釣りで人気のターゲットを1日で両方狙ってやろう。そんな贅沢な仕立釣りができるのが富浦港の「酒井丸」だ。
更新: 2018-10-26 01:02:17 公開: 2018-10-10 03:00:00
がまかつから「オニカサゴ仕掛 夜光バケ鈎仕様」が発売されました。アピール度がアップ!夜光バケバリ仕様のオニカサゴ専用定番仕掛は、大注目です!
更新: 2018-10-05 05:08:29 公開: 2018-10-05 05:30:00
外房御宿沖は浅場から深場まで、ポイント多彩で様々な魚が釣れる。そのため2魚種3魚種をターゲットにしたリレー釣りが盛んだ。御宿港の「布子丸」でもオニカサゴを中心に、中深場の根魚やイカ、フラッシャーサビキによるアジ・サバなどをリレーで狙っている。
更新: 2018-10-18 00:53:26 公開: 2018-10-03 22:00:00
使用するFサビキ仕掛けは、外房用の一般的なものでOKだと陽平船長。推奨しているのは、先糸および幹糸が6号(フロロカーボン・以下同)でエダスが4号の8本バリ。枝長13㎝で幹間80㎝の全長7.2m。ハリは丸セイゴ13号にピンクとホワイトのフラッシャーが交互に巻かれているものとなる。
更新: 2018-10-09 01:05:18 公開: 2018-09-21 03:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読