オニカサゴに関する釣り記事


これからは潮が動くのでさらに上向く見込み! オニカサゴ(真澄丸)

これからは潮が動くのでさらに上向く見込み! オニカサゴ(真澄丸)

「オニカサゴって、高級魚中の高級魚だよね。簡単には釣れないから高級魚なんで、だからこそ釣れた一匹に価値があるんだよね」そう語るのは、内房・船形港「真澄丸」の舵を握る髙橋忠船長だ。「真澄丸」は、周年オニカサゴを狙って出船している。


外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

朝方にフラッシャーサビキでサバ、アジを釣り、十分なお土産になったところでイカ釣りにチェンジするのは、勝浦地区ではお馴染みのリレー釣りだ。そしてイカ釣りに満足したら、根魚も狙える。クーラーには多彩なお土産が入るのがこの釣りの魅力だろう。


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


狙うは2kg級の大型オニカサゴ! 仕掛けと釣り方を解説(松栄丸)

狙うは2kg級の大型オニカサゴ! 仕掛けと釣り方を解説(松栄丸)

オニカサゴは周年を通して狙えるターゲット。鍋にすると美味なこともあり、とくに冬場に人気がある。「冬場のターゲット」という認識を持っている人も多いのではないだろうか?しかし、オニカサゴは夏場も好シーズンだ。


釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

大原港「力漁丸」のオニカサゴが、好釣果継続中だ。取材日から一週間のトップの釣果をさかのぼってみると、5、9、8、7、6、5と好釣果で推移している。また、スソがゼロの日は、この一週間のうちで一日しかない。さらに、アベレージサイズは1㎏前後で、最大は2.1㎏だ。


カサゴ&オニカサゴのW根魚パラダイス! 仕掛け&釣り方(北山丸)

カサゴ&オニカサゴのW根魚パラダイス! 仕掛け&釣り方(北山丸)

カサゴ釣りというと、中小型の数釣りが、東京湾内では人気だが、30㎝超えの大型は数少ない。ここ洲崎沖では、港前の水深10〜30mの浅場で30㎝超えの大型カサゴばかり釣れるという。根魚フリークには夢のような釣りが可能だ。


中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

これまでのジギングとは異なる発想のスタイルとして、全国規模で拡がり始めている。その提唱者が新潟県柏崎港「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長だ。


オニカサゴ! アカムツ! アラ! 勝浦のディープゾーン潜入(初栄丸)

オニカサゴ! アカムツ! アラ! 勝浦のディープゾーン潜入(初栄丸)

TEAM OKAMOTOの梅雨時恒例行事のひとつが勝浦港「初栄丸」を仕立て、午前・午後ブッ通しで勝浦沖「ディープゾーン」に挑む「12時間耐久フィッシング」。


房総半島のオニカサゴが絶好期に突入だー!(乙浜沖・真寿海丸)

房総半島のオニカサゴが絶好期に突入だー!(乙浜沖・真寿海丸)

取材先の南房総・乙浜港「真寿海丸」の釣果は、取材前日には0.8〜2㎏のオニカサゴが2〜9匹。取材日は1〜2㎏が2〜7匹で、7名が乗船して船中30匹。市場にあまり出回ることがない超高級魚の釣果とは、とても思えない爆釣だ!


ライト中深場タックルで幻の大型魚アラ浮上!(駿河湾・大宝丸)

ライト中深場タックルで幻の大型魚アラ浮上!(駿河湾・大宝丸)

10㎏のアラ。まさに幻といえる高級魚だ。この貴重な大アラを近年ターゲットにして何本も釣り上げている船宿がある。清水の「大宝丸」がそれだ。


青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

年明け早々にはイワシに付いた大ダイフィーバーに沸いた外房・川津沖の一つテンヤマダイ。6月初旬の時点では、青物や根魚といった嬉しいゲストまじりで楽しめている。


ターゲットは丸々太った巨大オニカサゴ!【外房・大原沖】

ターゲットは丸々太った巨大オニカサゴ!【外房・大原沖】

鍋ネタに最高のオニカサゴ。そのため冬場によく狙われるターゲットであるが、夏場は良型主体の数釣りが楽しめる時期なのだ。


南房総のオニカサゴは周年狙えるぞ【南房総】

南房総のオニカサゴは周年狙えるぞ【南房総】

房総では周年狙えるオニカサゴ。潮の流れがキーポイントとなり、適度に流れれば季節に関係なく好釣果が期待できるターゲットだ。そのオニカサゴを柱に、フラッシャーサビキやシーズン真っ盛りのヤリイカとのリレー釣りを楽しませてくれるのだ。


海穏やかでじっくり楽しめる乙浜沖のオニカサゴ【南房・乙浜沖】

海穏やかでじっくり楽しめる乙浜沖のオニカサゴ【南房・乙浜沖】

オニカサゴを狙って釣行を予定していた3月26日も、前日まで吹いていた西風の影響で出船が危ぶまれていた。予報では風が収まり、凪ぎていくとのことで船宿に向かった。


幻の2.5㎏が現実に釣れる!!  館山沖のオニカサゴ【館山沖】

幻の2.5㎏が現実に釣れる!! 館山沖のオニカサゴ【館山沖】

中深場釣り師なら噂ぐらいは聞いたことがあるだろう、内房館山にオニカサゴ一筋に情熱を傾ける熱血船長がいることを。船形港「真澄丸」の高橋忠船長がその人で、「鬼閃流」を標榜し師範はたまた求道者かのごとくオニカサゴ道を究めようとしている船長だ。節分の翌週とはなったがシーズン的にオニ退治にはうってつけとばかりに、取材に伺った。


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

イワシの南下と共に、ますますのにぎわいを見せる千葉県太平洋岸エリアのヒラメ釣り。そしてそのイワシが最南端にあたる布良の沿岸にもついに入って来たとのことなので、さっそくその状況と今期好調なオニカサゴの様子を同時にチェックしに出掛けてみた。


オニカサゴを釣りたきゃ“誘い過ぎない”コト!【相模湾・小田原沖】

オニカサゴを釣りたきゃ“誘い過ぎない”コト!【相模湾・小田原沖】

その魚を使ったしゃぶしゃぶは本当に絶品。じんわりと温かい昆布出汁に身をさっとくぐらせ、皮目がチリっとして表面がパッと白くなったら食べごろ。火が通った部分は甘みと旨みが強くなり、皮の下にはコラーゲンがたっぷり! 中はレアで食感も残っている。そのしゃぶしゃぶとは“オニしゃぶ”。「オニカサゴ」だ。


オニカサゴ釣りは、伊豆の冬の風物詩【東伊豆沖】

オニカサゴ釣りは、伊豆の冬の風物詩【東伊豆沖】

西高東低の冬型の気圧配置が続くこのごろだが、東伊豆では伊豆半島がその西風を遮り、ベタ凪ぎの海をつくりだしている。急深のため陸近くのポイントで中深場釣りが楽しめるのが東伊豆の特長だ。初島から伊東沖、熱川沖まで広範囲にわたって、オニカサゴが狙える。


オニカサゴは鍋ネタに最高の食材だ!【南房・乙浜沖〜白浜沖】

オニカサゴは鍋ネタに最高の食材だ!【南房・乙浜沖〜白浜沖】

南房総のオニカサゴは周年狙えるターゲット。一年のなかでも、とくにいい時期とされるのが夏場である。しかし潮況さえよければ、一年を通してベストシーズンの夏に匹敵する釣果が望めるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング