MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

グルメに関する記事

グルメに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
スズキ目メバル科ホウズキ属。青森県から熊野灘の太平洋側、高知県や鹿児島県沖に生息。アコウダイそっくりでアコウダイの生息域と重なるがやや南にいる模様。
オニヒゲは、タラ目ソコダラ科トウジン属。漢字で書くと「鬼鬚」。北海道から土佐湾の太平洋沿岸、東シナ海大陸棚斜面、九州〜パラオ海嶺、台湾に生息している。
ツムブリとは、スズキ目ハタ科マハタ属で、全世界の温帯域から熱帯域の表層を回遊している。国内では青森県以南に生息している。ブリに似た形で、身に赤みがある。
和歌山県などでも発見されているが、国内では主に小笠原諸島、屋久島、琉球列島に生息。1mを超える大型のハタだ。
相模湾から九州南部の太平洋沿岸、長崎県、琉球列島。フィリピン、南アフリカ、西太平洋、インド洋に広く生息する。そっくりな魚にホウセキハタというのがいる。
千葉県館山から九州南岸の太平洋沿岸。小笠原諸島、屋久島、琉球列島。南はオーストラリア北岸までと生息域が広い。沖縄県では単に「じゅーまー」と呼ばれることが多い。
世界中の熱帯域から温帯域に広く生息。相模湾以南と考えていたら、千葉県から釣れたという情報がきて、画像で確かめて千葉県以南だとわかってきた。その内、宮城湾あたりで見つかる可能性もある。
本州以南に広く分布しているようだ。伊豆諸島の釣り物をときどきいただくし、三重県などでも手に入れているがイスズミとして水揚げされたものの多くが本種であるようだ。
カツオはスズキ目サバ科カツオ属。地方名は少ない。伊豆諸島や長崎県、熊本県ではヒラソウダやスマなどと区別するために「本カツオ」と呼ぶ。国内では北海道以南で見られ、太平洋側に多く、日本海に少ない。
ナメモンガラとは、フグ目モンガラカワハギ科ナメモンガラ属。雄と雌で色合いが違う。実にきれいな魚で、ダイビングなどで人気が高い。主に伊豆諸島、小笠原諸島、ミクロネシア、ハワイ諸島に生息。
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読