MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

金谷沖に関する

表示順:
タックルは、シャクれるライト系の竿なら何でもOK。昔はシャクリアオリ専用ロッドも発売されていたが、現在は1.4~1.6mの軟らかめのマルイカロッドや、LTゲーム用のロッドを使用する。
関東圏で話題になりつつある2つの餌木を付けて釣るアオリイカの新釣法〝ティップランプラス〟。この釣りを開発した張本人たちが関東の海で新釣法を披露した。
「さえむ丸」のアオリイカはオーソドックスなショートロッドを用いたスタイルが主流だ。タックルは1.3〜1.5mほどのアオリイカ専用竿ほか、軟らかめのマルイカ竿やライトゲーム用のロッドなども流用できる。もちろんロングロッドでもOKだ。
夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。
今シーズンの夏タチは6月初旬にスタートとかなり早く釣れだした。その後は多少はムラがあるものの、概ね好調と言えるだろう。
夏タチウオは指3本前後の中・小型が主体で数が期待できるというイメージだが、「こなや」のルアータチウオは大型を中心に、状況で数も狙っていくというスタイルだ。
夏の東京湾の人気ターゲット、LTタチウオが好調なスタートを切っている。小柴港「三喜丸」では、6月1日からLTタチウオ乗合をスタート。観音崎沖、金谷沖、久里浜沖などで浅場の群れを探して出船している。
東京湾の夏タチウオがついに開幕した。6月下旬現在メインポイントとなっている金谷沖には、このときを待ちわびた多くのタチウオファンが乗った船で大船団が形成されていた。
金谷沖は周年多くのイカが集まる場所。そこで40年以上の長い間に渡って遊漁でアオリイカを釣らせている船宿が「さえむ丸」だ。そして、金谷沖にはアオリ以外にも魅力溢れるイカがいる、それが2㎏オーバーにもなるモンゴウイカ。特に冬場はその好期、年の瀬の12月22日、ジャンボモンゴウを狙いに金谷へと車を走らせた。
内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読