MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マコガレイに関する記事

マコガレイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
開幕から順調な日立沖のマコガレイ。40~50㎝級のいわゆるザブトンサイズが釣れるとあって、同エリア、春の人気ターゲットだ。魚体は超肉厚!旬は春から夏。日立沖のマコガレイは、最高の食味が楽しめるのだ。
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
江戸前マコガレイの春が始まった。金沢八景の「荒川屋」では、コンスタントに40㎝前後の良型が上がっている。八景沖~横浜沖は大型が寄ることで知られたポイント。桜が咲く前後はジャンボサイズの実績が高い。
鹿島沖ショウサイフグは『鹿島サイズ』と呼ばれる。周年狙うショウサイフグを看板にする船宿「長岡丸」では、トップ50匹を記録する釣果も!寒さをついて出かける価値大有りな鹿島沖のショウサイフグ釣りを紹介。
仙台湾でクロメバルが沸騰中!サビキの選択とタナ取り、そしてハリ数の多いサビキ仕掛を手早く捌く手返しが大きなカギ!そんなサビキメバルを徹底解説!
江戸前の海を代表する釣魚のひとつがマコガレイ。東京湾遊漁船業協同組合が主催する「江戸前釣り大会 カレイ釣り」が今年も開催された。11軒の船宿から15隻の船が出動し、盛大な釣り大会となった。
貴重なターゲット!江戸前の大型マコが元気一杯!釣り方はスピニングタックルを3、4本入れ、順番に探って、誘いを入れながらアタリを待つというスタイル。価値ある一枚をゲットして春気分を味わおう!
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
日立沖でマコガレイ釣りが開幕し、日立久慈港「明進丸」では、連日40㎝超えの大型マコが顔を見せている。
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読