MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マコガレイに関する記事

マコガレイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
日立沖でマコガレイ釣りが開幕し、日立久慈港「明進丸」では、連日40㎝超えの大型マコが顔を見せている。
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
マコガレイは、カレイ目カレイ科に分類される魚の一種。北海道南部から大分県、東シナ海北部、渤海に分布。
気温、水温とも上昇し各地で色々な釣り物がスタートしているが、茨城・日立沖のマコガレイも開幕したばかりの見逃せないターゲットだ。 「カレイ」というとかなり身近な魚だけど、意外に沖釣りでは狙える場所も少なく希少なターゲットと言える。
開幕したばかりの日立沖のマコガレイ。置き竿メインの東京湾のマコガレイ釣りとちがい、こちらでは小突いて誘う「小突き釣り」で狙う。
東京湾のマコガレイが産卵期を終えて、荒食いのシーズンに入った。この時期のマコガレイはとにかくサイズがいいのが魅力で、小さくても30㎝ぐらいあって釣り応え満点だ。
江戸前の釣りといえば、ハゼにシロギス、スミイカなどが思いつく。だが、忘れてならないのがマコガレイ。冬に産卵のために東京湾奥に乗っ込んだマコガレイは、産卵後に浅場で盛んにエサを食べて体力を回復させる。春になると「花見ガレイ」と呼ばれる身の厚い見事な魚体にに育つ。そのマコガレイを釣ろうと金沢八景の「荒川屋」にお邪魔した。
イシガレイをメインに、良型の数釣りが楽しめるのが、常磐・鹿島沖のイシ&マコガレイ釣りだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読