MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

不動丸に関する記事

不動丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。
更新: 2018-11-27 01:03:35
外房勝浦沖のカモシ釣りが好スタートを切っている。カモシ乗合で出船している川津港「不動丸」では、マダイの1〜3㎏主体に4〜5㎏級もまじりトップ3枚前後、それにヒラマサの2〜5㎏前後が数まじるという、ウレシイ状況が続いている。
更新: 2018-05-28 00:57:17
いよいよ外房に青物ルアーゲームの好機到来だ。例年この時期は、ヒラマサやワラサが大きな群れでここ外房に回遊して来るのだ。
更新: 2018-03-30 02:33:20
例年、春になると勝浦沖でヤリイカが好調に釣れ始める。ここのヤリイカの特徴は、浅場で大型が乗ってくること。イカの重量感がダイレクトに竿に伝わり、楽しさ抜群の釣りだ。4月15日の日曜日、釣友を誘って勝浦川津港の「不動丸」にお邪魔した。
更新: 2018-04-16 02:56:21
9月下旬の大雨の影響で、沿岸部には濁った潮が…。「前日よりもさらに濁って、しかも水温まで下がってしまいました…」とは「不動丸」吉清船長。取材日はジギングで攻略し、この潮の中でショゴ(カンパチの若魚)やイナダが連続ヒットしたぞ。
更新: 2017-12-20 06:47:56

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読