沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

スミイカに関する釣り情報


東京湾口の餌木イカ開幕! アオリイカ&スミイカ釣り(きよし丸)

東京湾口の餌木イカ開幕! アオリイカ&スミイカ釣り(きよし丸)

餌木イカフリーク待望のシーズンが開幕だ。取材先である鴨居「きよし丸」では、取材日が4回目の餌木イカ出船となったが、初日はスミイカ狙いでトップが14杯。二日目はアオリイカ狙いで4杯、3杯、3杯…と満遍ない釣果。


東京湾テンヤスミイカが今年も絶好調! トップ30杯も…(一之瀬丸)

東京湾テンヤスミイカが今年も絶好調! トップ30杯も…(一之瀬丸)

東京湾のスミイカが開幕。金沢八景の「一之瀬丸」では10月8日に今季の乗合を開始し、トップ30杯台を連発している。


餌木もテンヤもじっくり攻めて良型を!スミイカ攻略法を伝授(忠彦丸)

餌木もテンヤもじっくり攻めて良型を!スミイカ攻略法を伝授(忠彦丸)

東京湾のご当地ダーゲット”スミイカ”。釣り方はテンヤと餌木を使った2通りがある。伝統的なスタイルで、根強い人気を誇っているのが、生きたシャコを付けてテンヤで狙うスミイカ釣り。逆にエサを使わない手軽さと、あたりを取って掛ける釣り方が面白いと、近年ファンが急増しているのが、餌木によるスミイカ釣り。


開幕! 木更津沖のシロギス、スミイカのオマケもあるよ【木更津沖】

開幕! 木更津沖のシロギス、スミイカのオマケもあるよ【木更津沖】

木更津沖のシロギスが、夏場の盛期に向けていよいよカウントダウンを始めた。


まだまだイケる! 良型ズッシリ! 東京湾のスッテスミイカ【東京湾】

まだまだイケる! 良型ズッシリ! 東京湾のスッテスミイカ【東京湾】

今季も東京湾のスミイカは健在! ひと昔前はトップツ抜けなら好調、へたをするとボウズ覚悟だったこの釣りも、ここ数年トップ20杯超え、慣れない人でも船長の教えさえ守ればボウズはまずない、好釣果が続いている。


乗り味アップ! 冬の大型スミイカシーズンへ【鴨居沖】

乗り味アップ! 冬の大型スミイカシーズンへ【鴨居沖】

冬も深まり東京湾のスミイカが面白くなってきた。今シーズンも順調な東京湾のスミイカだが、冬の大型シーズンに突入し、より一層刺激的な乗り味が楽しめるようになった。


今シーズンは良型スミイカが多いぞ!【東京湾・中ノ瀬〜木更津沖】

今シーズンは良型スミイカが多いぞ!【東京湾・中ノ瀬〜木更津沖】

昨シーズンは好調だった東京湾のスミイカ。今シーズンは10月上旬から中旬ぐらいにスタートする船宿が多かった。今回取材した小柴港「三喜丸」は10月31日からテンヤで狙うスミイカをスタート。初日はトップ23杯が二人、スソでも14杯という好釣果で開幕した。その後はトップ10〜15杯に収まる日が多い。


今季は型良し! 釣っても食べてもハマる東京湾のスミイカ【東京湾】

今季は型良し! 釣っても食べてもハマる東京湾のスミイカ【東京湾】

朝晩は肌寒くなり、今年も東京湾ではスミイカのベストシーズンがやってきた。10月上旬からスタートした八幡橋「鴨下丸」では連日絶好調。ツ抜けはもちろん、トップ20杯オーバーの釣果も珍しくない。


テンヤで釣るスミイカ、カリスマ船長に入門【東京湾】

テンヤで釣るスミイカ、カリスマ船長に入門【東京湾】

ドスン!! とくる手応えがたまらない。寒くなってますます熱くなるテンヤのスミイカ釣り。東京湾のカリスマ船長こと「鴨下丸」の望月亮英船長が、厳しくも優しくテンヤのスミイカ釣りをレクチャーしてくれるのだ。


八景沖のスミイカはサイズアップで乗り味もグッド【東京湾・八景沖】

八景沖のスミイカはサイズアップで乗り味もグッド【東京湾・八景沖】

東京湾のスミイカは秋に開幕して、長いときは2月3月ぐらいまでが釣期だが、餌木による釣りは浅場でできる12月ごろまでがシーズンとなる。現在、スミイカ釣りは伝統的なテンヤをはじめ、餌木や胴付きなどさまざまな方法で狙うことができる。その中にあって餌木の釣りは、誰でも手軽に楽しめるため、近年人気を集めている。


釣ってよし、食べてよしの餌木で狙うアオリイカ&スミイカ【鴨居沖】

釣ってよし、食べてよしの餌木で狙うアオリイカ&スミイカ【鴨居沖】

秋の人気釣り物「餌木イカ」が好調なスタートを見せている。鴨居「きよし丸」の取材では、アオリイカは良型ばかりでトップ15杯。最大は1.2㎏だった。またスミイカのトップは6杯と満足できる釣果であった。


ゲーム性満点で楽しい~、東京湾の餌木スミイカ【東京湾】

ゲーム性満点で楽しい~、東京湾の餌木スミイカ【東京湾】

金沢八景の老舗船宿「弁天屋」が今年開業80周年を迎えるそうだ。当時から漁の合間に客を乗せる兼業スタイルでなく、仕立てや乗合での遊漁専業だったと聞くから、関東、いや日本国内でも指折りの歴史ある船宿ではなかろうか。そんな「弁天屋」で餌木スミイカ乗合を開始したと聞き、9月25日に釣行した。


アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖】

アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖】

上総湊沖では秋から早春にかけて餌木を使ったイカ釣りのシーズンを迎える。対象となるイカはアオリイカ、スミイカ、モンゴウイカの3種。どれも美味しいイカで、魚屋では滅多に見られない。秋シーズンが始まったばかりの上総湊沖のイカを釣りに行ってきた。


スミイカの釣り方【エギ(餌木)で釣る!】(東京湾)

スミイカの釣り方【エギ(餌木)で釣る!】(東京湾)

ここ数年、餌木を使ったスミイカ釣りで出船する船が増えている。その魅力は、アオリ釣りにも通じるゲーム性の高さ。空アワセではなく、アタリを取って掛けるのがおもしろい!!


スミイカの釣り方【スッテで釣る!】(東京湾)

スミイカの釣り方【スッテで釣る!】(東京湾)

かつては、テンヤ釣りの仕掛けの上に付けて、「保険」的な使われ方をしていたスッテだが、このスッテオンリーでスミイカを狙う船もある。ライトなタックルを使用し、釣り方も比較的簡単、ビギナーでも数釣りが楽しめるのが特徴だ。スミイカ入門にオススメ。


スミイカの釣り方【テンヤで釣る!】(東京湾)

スミイカの釣り方【テンヤで釣る!】(東京湾)

かつては、東京湾のスミイカ釣りと言えば、シャコエサとスミイカテンヤを使ったテンヤ釣りのことだった。専用のスミイカ竿でシャクり上げたときの「ズシ!!」は格別。この釣り方しかしないというファンも多く、奥が深く釣趣バツグンの釣法だ。


餌木スミイカ好スタート、おいしい小型が乗り乗りだ【東京湾】

餌木スミイカ好スタート、おいしい小型が乗り乗りだ【東京湾】

夏の間は高かった水温も徐々に下がり始め、東京湾では冬の人気ターゲット、スミイカが開幕した。鴨居の「きよし丸」では、初日はトップで16杯と好スタートを切った。さっそく鴨居へと向かった。天気もよくスミイカ船は賑わいを見せていた。


乗ってます! 秋のイカ三種盛り 餌木スミイカ編【東京湾・中ノ瀬~富津沖】

乗ってます! 秋のイカ三種盛り 餌木スミイカ編【東京湾・中ノ瀬~富津沖】

アタリが見えるから面白い。偶然釣れたんじゃない。いると確信してアワせる快感。偶然じゃない、必然なんだ! 高いゲーム性とアタリを取るおもしろさ。これが新しいスミイカ釣りだ!


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読