MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

江見沖に関する記事

江見沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
急深の地形の南房・江見沖の好立地でアカムツをメインに狙っている江見吉浦「渡辺丸」。レンタルタックル、仕掛け、オモリまで用意!ビギナーからベテランまで気軽に南房のアカムツ釣りを楽しんでもらいたい。
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
江見港「新栄丸」では、絶品イサキ&高級五目釣りが盛況!連日イサキの爆釣が続き、1時半で規定数50匹に達する日も!美味イサキを確保したら、五目釣りにシフト!豪華なフルコースを楽しんでほしい。
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
取材当日、武ノ内船長がすすめていた仕掛けはカラーバリ仕掛け。ハリス2号、ハリは白、緑、ピンクにカラーリングされたチヌバリ2号、全長3m以上のバランスだ。「新栄丸」オリジナル仕掛けは船で購入可能。
寒さが一段と厳しくなってきたが、南房・江見沖のイサキが好調! ホットな釣果が出ている。この時期釣れるイサキは「寒イサキ」と呼ばれ、低水温から体を守るために脂肪をたくわえるため、脂ものって美味しいぞ!
中オモリは10号、幹糸は8号90㎝、捨て糸6号1m~120㎝。ハリス5号45㎝。ハリはムツ太地18号が基本で食いがよい時のみ使用。ハリ数は2本。ハリスのチモトに名人はフロートパイプを3~4㎝つける。
江見港「新栄丸」での五目釣りが面白い。新たなポイントを流すたびに、マダイ、イサキ、ハナダイと、それぞれ本命級の魚が船上を賑わせた。
いよいよ真夏のスルメイカ戦線に突入した。シーズン初期のイカはサイズが小さく、潮は濁り気味で、比較的どんなツノでも簡単に乗ってきたが、これからの時期はそう簡単にはいかない。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読