MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

尭丸に関する記事

尭丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
南房の冬の人気ターゲット夜クロムツが絶好調だ!12月中旬現在、乙浜港「尭丸」では出船の度トップ40~50匹の釣果!上手くやれば70匹も!寒さに負けず超美味なムツを釣りに行こう!
尭丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
多点掛けの醍醐味と柔らかくて甘い食味で釣り人を魅了するヤリイカ。南房・白浜沖では、仕掛けはプラヅノ11㎝の市販品でOK。ツノ数は5〜8本が一般的。しっかり掛かるブランコ仕掛けが基本でビギナー向き。
オニカサゴ仕掛けは、市販のものでよいが、基本はハリス長2m、2本バリ。さらにテンビンの先から20〜30㎝のハリスを1本付けたものがベスト。テンビンも仕掛けも多めに持参していくと良い。
南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。
美味魚ぞろいの根魚の中でも、とびきり上等な味覚のオニカサゴ。しかしながら、大鬼と呼ばれる大型は近年では希少な魚になりつつある。ゴンゴンと激しい引きを見せつつ、海面にオレンジの影が浮かんできたときの喜びは格別。そんな大型のオニカサゴにこだわって狙う船が乙浜港にあった。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読