MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

伊東沖に関する記事

伊東沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
冬将軍がやってくるこの時期、芯から温まるには鍋! そんな考えがちょいちょい脳裏を横切るが、それにもってこいの高級魚・オニカサゴが好調に釣れている場所がある。ズバリ、東伊豆の伊東沖だ。
更新: 2019-02-01 12:00:00
アカムツのタックルは意外とライトなものでよい。ハリス10号の胴付き仕掛けなので、深場専用じゃなきゃダメと思われるが、オモリ200号を背負える竿とPE5号以上400m巻ける電動リールの組み合わせがあればよい。
更新: 2018-12-06 01:06:55
東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。
更新: 2018-07-26 00:59:30
ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。
更新: 2018-06-29 01:52:06
伊豆・伊東沖周辺では、この時期、マダイとイサキがおもしろい。マダイは関東周辺の他のエリアに比べると、ちょっと遅れて盛期を迎える。そして同時に好シーズンに突入するイサキは、魚体がオリーブ色をした頭部が小さい40㎝級が釣れるのが自慢だ。
更新: 2018-05-11 08:12:31
さあ、ついにマルイカが開幕したぞ! 相模湾西部の小田原沖や伊東沖を皮切りに、1月中旬には相模湾東部や東京湾でもマルイカ乗合船が次々と出船。関東の海は、早くもマルイカで大盛り上がりとなっている。
更新: 2018-02-13 04:17:51
この年末に激うま大型アカムツを釣るなら伊藤沖、ココしかないぞ! さまざな工夫を凝らして深海のルビーをキャッチせよ!!
更新: 2017-12-20 06:47:55
8月頃からポツポツと釣果が出始めた初島周りのワラサ。9月下旬には一気に釣果が上向き爆釣モードへと突入。良い日にはトップ10本以上、午前9時にはクーラー満タンになって早揚がりした日もあった。また伊東沖はマダイの好ポイントでもあり、秋は数釣りが楽しめる。10月7日、伊東港「村正丸」のワラサ&マダイリレー乗合に乗船した。
更新: 2017-12-20 06:47:56

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読