MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マダイに関する記事

マダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
3月いっぱいをもって、釣りの仕事から引退するコジレイこと児島玲子さん。そんな彼女がつり丸最後の取材の釣り物に選んだのが、相模湾の「LTウイリー五目」!楽しいに決まっている!
多彩なルアーゲームを展開する船橋港の「フレンドシップ」はタイラバゲームを得意とする船のひとつ。魅了されるアングラーも数多いタイラバゲームを紹介する。
鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!
いよいよ日本海に春到来!新潟・上越沖のプレ乗っ込みマダイが開幕した。なんといっても、魅力は良型サイズ!ベテランもビギナーも基本釣法をおさらいしてシーズンを楽しもう!!
大洗港「藤富丸」の”テンヤ五目”が爆釣中!取材日は、ハナダイ、メバル主体に、マハタ、クロソイ、キントキダイ、ヒラメ、ホウボウ、マダイまじりでトップは70匹超え!
新潟県中越の寺泊沖のマダイに注目!自主禁漁が今期から解除!周年、マダイ釣りが行われるようになったのである。昨年から小ダイが多く、突如ドカンっと大ダイがヒット。このパターンが継続しているというのだ。
ビシアジタックルさえあれば、アジはもちろん、マダイにキンメ、クロムツ、シロムツなど、超がつくほど高級な魚を狙える釣りがある。小坪港「洋征丸」の「アジ&マダイ五目」だ。今スグ予約して出かけよう!
平塚港「庄治郎丸」では、周年、LTのコマセ釣りで多魚種を狙う「ライト五目」を出船。この時期はマダイ、ハナダイ、クロダイ、ヘダイ、アジなど手軽に楽しめるので、ビギナーにもオススメの釣りだ。
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
1 2 3 4 最後
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読