MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マダイに関する記事

マダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
沖釣りの王様、マダイのさばき方はぜひ覚えておきたい。素人が慣れない包丁でやっても、比較的失敗が少なく安全な方法を紹介!安心して釣りに行けるようになったら、マダイもぜひ狙いたいね!
新潟県上越・直江津沖の初夏の2大乗っ込み魚であるヒラメとマダイ。早くもヒラメが乗っ込み中だ。全国的に珍しい夜のヒラメ釣り。直江津沖の水深20〜30mでアンカーをうってのカカリ釣りで狙う。
駿河湾 最奥部の沼津沖。今期も例年どおりマダイが乗っ込み中だ。釣り方は、オキアミコマセ釣り。乗っ込みでも、指示ダナは高めではない。いかに、マダイの目の前に付けエサをもっていくかが、釣果のカギ。
南房布良沖で良型イサキが好調に釣れ出し、連日、規定の50匹まで数を伸ばす釣り人が続出している!40㎝以上のジャンボが顔を出す当地。爆釣&ドキドキ体験しに出掛けよう!!
乗っ込み気配ムンムンの三浦半島、剣崎沖のマダイ。剣崎間口港「利一丸」は、このところ、連日マダイ狙いで出船中。5㎏クラスの大型もポツポツまじるようになってきた。乗っ込み大ダイを狙いに行こう!
外房・片貝沖のイサキがブースト加速中!片貝港「二三丸」では釣行日に40㎝に迫る黄金の特大イサキがまじり、トップ46匹!これからの最盛期に向けて期待大だ!
千葉県側の東京湾口に位置する富浦沖では3月末より、マダイの乗っ込みが本格化。4㎏を超える大ダイがあがり始めた。乗っ込みXデーはこれから。富浦沖で自己記録更新サイズの大ダイをキャッチしよう!!
関東屈指の乗っ込みポイント剣崎沖!本番はマダイが浮き、タナが高くなるのが特徴。シーズンによっては水深の半分ぐらいのタナが指示されることもある。多彩なゲストもまじり、五目釣り感覚で楽しめる。
1 2 3 4 最後

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読