MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

マダイに関する記事

マダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
4月中旬すぎからサイズのいいマダイがまじりはじめた飯岡沖のマダイ。2〜3㎏サイズがまじり、バラシも目立っている。日によってどちらによくアタるかひとつテンヤだけでなく、巻き物も用意しておこう!日によってどちらによくアタるかわかりませんから。
更新: 2019-05-22 07:00:00
南伊豆・下田地区もマダイが絶好調!今年は水温の関係で乗っ込みが早い。釣り場は石廊崎沖や弓ヶ浜沖。水深は60~90mと深いため電動リールがあると便利。タナは50~70mだが、反応が浮けば30m程度の中層も攻める。
更新: 2019-05-18 07:00:00
福井県三国沖〜鷹巣沖、越前沖は、全国屈指のマダイ漁場。産卵期、いわゆる乗っ込み期には、多くの釣り人が訪れる。例年、5月、6月がシーズン。国内でも屈指のマダイ乗っ込み場であり、古くからマダイ釣りが盛んだ。
更新: 2019-05-15 07:00:00
今期は各地で乗っ込み本番の声があがっているが、東京湾のストロングポイント・剣崎沖も他の追随を許さない高活性モードに入り、良型まじりの数釣りまで楽しめているので要チェックだ!
更新: 2019-05-11 07:00:00
沼津沖は駿河湾の最奥部で起伏が激しく、浅瀬もあり、乗っ込みマダイたちが集結しやすい環境だ。深場と浅場ではマダイの釣り方が異なる。仕掛けと釣り方をマスターして、乗っ込みマダイをキャッチしよう。
更新: 2019-05-10 12:00:00
駿河湾の最奥部にあたる沼津沖。正面に居座る富士山をメインに3方向を山に囲まれ、春の新緑に包まれた山々と海が見事に調和。その風光明媚な景色を楽しめ、波静かな海上で高出船率で沖釣りが可能だ。
更新: 2019-05-09 07:00:00
茨城県・日立沖のマダイは、ここ数年冬場も水温が高めに推移して、ほぼ周年釣果が期待できるようになった。この春も冬場から続いてマダイの釣果が記録されている。
更新: 2019-05-06 07:00:00
東京湾口に位置する久里浜沖〜剣崎沖は、関東屈指のマダイポイントだ。剣崎沖は以前から乗っ込み期には実績のある大場所。毎年、安定した釣果が期待できる一級ポイントである。
更新: 2019-05-04 12:00:00
東京湾では乗っ込みシーズン突入中。安定釣果を記録している。慣れない人がトップ釣果を記録することが珍しくないのがタイラバゲームの魅力のひとつ。気軽に挑戦してみれば、意外と簡単に楽しめること、うけ合いだ。
更新: 2019-05-03 07:00:00
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読