MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マダイ五目に関する記事

マダイ五目に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
初冬の相模湾はマダイの好シーズン!越冬に備えて活性が高い!この時期はイナダ、ワラサなどの青物がゲストとしてよくまじる。年末年始に向けてマダイを釣りに行こう!
今季は厳寒期でも例年より水温が高く、いろいろな魚が好釣果を維持。相模湾のマダイもその一つだ。平塚港「豊漁丸」はマダイをメインに、アマダイやハナダイ等、多彩なゲストをまじえ五目釣りが楽しめている。
東京湾口の剣崎沖はコマセでマダイ、ワラサやイナダなどの青物もアタッている!マダイはおめでたい魚の代表格。イナダやワラサは縁起がいい出世魚。これらが狙える剣崎沖は、新年の初釣りにオススメだ!
年末年始に狙いたいターゲットの筆頭格がマダイ!相模湾東部の葉山沖周辺では11月後半ぐらいからワラサまじりで楽しめている。年末年始はこれで決まり!縁起がいい高級魚を狙おう!
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
御前崎の沖に位置する金洲の五目釣りがおもしろくなっている。イサキ、マダイのほか、青物のヒットもある。仕掛けはハリス6号、6mの2本バリ。付けエサはオキアミ、またはイカタンを使う。
年末年始は赤い魚を釣りたくなります! ということで12月20日、葉山芝崎港「福栄丸」のマダイ五目に行ってきました。
運を試さなくてもバッチリ釣れる! 実質はマダイ五目&アマダイの豪華リレー釣利。おいしい高級魚でクーラー満タン!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読