MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

マダイに関する記事

マダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。
更新: 2019-01-07 00:57:19
初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。
更新: 2019-01-07 00:57:22
竿はマダイ用に小型電動リールを組み合わせた、オーソドックスなコマセマダイ仕様でOKだ。横森船長が推奨する仕掛けはハリス4号、6〜8m。ハリはイセアマの8〜10号。クッションゴムは4号ハリスに適合した太さのもので、長さは1m。この仕掛けなら、大型マダイのほかイナダ、ワラサがヒットしても対応可能だ。
更新: 2018-12-17 01:03:10
マダイといえば、数枚釣れれば御の字の魚だが、ツ抜けが当たり前、上手な人は30枚以上あげてしまう、という釣れっぷり。この状況を飯岡「梅花丸」梅花亮祐船長に聞くと、「今期はハナダイが調子悪くて。でも代わりにマダイが絶好調。釣れ過ぎぐらいですよ」と、まじめな若船長がニコニコ顔で答えた。
更新: 2018-12-17 01:03:00
「今年はマダイの調子がいいですよ。10月からマダイと青物のリレー乗合を始めていますが、マダイを青物が釣れないときの保険に考えているくらいですからね」とは船橋港「フレンドシップ」の田岡要司船長の言葉。
更新: 2018-12-13 01:01:03
相模湾佐島沖のマダイ五目が絶好機を迎えている。秋は数釣りシーズンと言われマダイのゲット率が高まるうえ、イナダやアジ、サバ、アマダイにイトヨリ、カツオより旨い大型のヒラソウダなどなど…多彩なゲストが出現!
更新: 2018-12-25 00:49:46
沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・一義丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。ワラサ、アジ、マダイなどが主なターゲット。
更新: 2018-12-06 01:06:56
タックルは標準的なひとつテンヤ用でOK。竿はひとつテンヤ専用ロッド。2~12号のテンヤに対応できるもので、長さは2.1~2.7m。リールは小型スピニング。
更新: 2018-12-05 01:02:57
掛ける醍醐味はもちろん、手でファイトするエキサイティングなやりとりでファンを魅了! 釣った感が全身で味わえる東京湾内房のシャクリマダイが、秋の最盛期を迎え、今、まさに盛り上がっている。
更新: 2018-12-03 01:10:42
「お盆ころから初秋までは、水深10m台でマダイがよく釣れていたのですが、いまは水深30m前後がメインになりました。しかし、水温がまだ20度近くあります。高いですよね。だから、まだまだ、エサ取り魚の活性も高いので、早い手返しが釣果を伸ばすカギになります」と話す、飯岡港「梅花丸」の若船長梅花亮佑さん
更新: 2018-11-13 06:16:01
先頭 1 2 3 4 5 6 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読