キンメダイに関する釣り記事


確立した深海ルアーゲーム、大型キンメダイを釣る!【新島沖】

確立した深海ルアーゲーム、大型キンメダイを釣る!【新島沖】

新島沖を舞台にしたキンメゲームが好調だ。「ほとんど出船ごとに型をみているよ。全員が釣ることも珍しくはないしね。みなさん狙いは3㎏クラスって感じで頑張っているね」と話す、弓ヶ浜「惠丸」の良川福一船長。


LT深海試し釣り、深場釣りの可能性を探る!【神子元島〜利島沖】

LT深海試し釣り、深場釣りの可能性を探る!【神子元島〜利島沖】

これまでヘビータックル限定だった「特大トロキンメ」に中型電動リールで手が届く。「次世代深海釣り」の可能性が大きく切り開かれた。


1㎏級が50匹!!  大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

1㎏級が50匹!! 大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

「最後は深いですよ」、船長がアナウンスした9投目。早朝のウネリがうそのような大島沖で「締めの一投」に臨む。4月5日はチーム7名で、大島沖のキンメダイ狙い。前週までは「一服状態」だった本命ポイントが直前に1㎏級30〜50枚と好転。「大島沖らしい」釣況に期待が膨らむが…。


「キンメダイ」の寿司…華やかでいながら、奥深いうまさがある

「キンメダイ」の寿司…華やかでいながら、奥深いうまさがある

ある朝、たかさんがボーっと上を見上げている。「何見てるの?」。「ツバメ子供生まれたかなと思ってさ」。周りを見ると建物のあちらこちらをツバメが飛び回っている。たかさん曰く「女の子のミニスカートとツバメの子供誕生で夏は来ぬ」。そう言えば宵の口、窓を開け放ち飲む酒のうまいこと。魚は冷やしたキンメダイの兜煮がいい。


狙うはキンメダイとヤリイカ、片貝沖の豪華リレー【片貝沖】

狙うはキンメダイとヤリイカ、片貝沖の豪華リレー【片貝沖】

一日を前、後半に分けて複数の魚種を狙うリレー釣り。片貝港「二三丸」のリレー釣りでは、一風変わった釣り物を狙うと聞く。ヤリイカとキンメダイを狙う通称「ヤリキン」リレーだ。


日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

激うまキンメ、トロキンメなどど称され、抜群のブランド力で人気なのが新島沖のキンメダイ。職漁師はもちろん、エサ釣りで狙う人も多い。そんな新島沖のキンメにキンメに惹き寄せられるかのように、近年、スロー系ジギングで攻める釣り人が急増している。


超美味ブランドトロキンメ、同乗者全員堪能!【南伊豆・須崎沖】

超美味ブランドトロキンメ、同乗者全員堪能!【南伊豆・須崎沖】

我々釣人に解放されている大型キンメのポイントはごく一部であり、サイズだけでなく味覚面でも優れた極上キンメを手に出来る釣場はさらに限られるのが実情。その数少ない釣場の中でもサイズ、味覚共にトップランクのキンメが釣れる超A級ポイントが南伊豆の須崎沖。新島キンメとも「トロキンメ」とも称される同地の極上キンメを狙い釣行だ。


お手軽にアコウダイ&キンメを深海釣り【相模湾・沖ノ瀬~城ヶ島沖】

お手軽にアコウダイ&キンメを深海釣り【相模湾・沖ノ瀬~城ヶ島沖】

深海釣りって「マニアックで敷居が高い」というイメージを持っている人はいませんか? はっきり言いますが、それは「誤解」です! 「道糸が進化したので、最近は案外手軽にできるんですよ」と話すのは、小坪港「太郎丸」の高橋良至船長。これが本当にビックリするほど手軽にできるんです! しかも、この釣りは釣れる魚がみんな美味しい! 


これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

一年の中で最も寒い時期である「寒の内」。われら「食いしん坊」にとっては鍋が最も旨い季節となった。この時期の鍋料理にもってこいの鍋ネタとして、キンメダイとアコウダイがあげられる。どちらも高値安定の高級魚だ。南房総千田港「三喜丸」には、このふたつの高級魚を狙えるメニューがある。これはまさに垂涎のメニューだ。


最高級のブランド魚! 激うま良型トロキンメ好調【南伊豆・須崎沖】

最高級のブランド魚! 激うま良型トロキンメ好調【南伊豆・須崎沖】

冬の南伊豆の釣りは、意外と知られていない。1月2月はシケの日が多いためだろう。釣り物は多く、近場ではイサキ、マダイ、ヒラメ、ハタ、カワハギ、中深場ではヤリイカ、オニカサゴ、イシナギ、メダイ、そして、深場はキンメダイやアコウが狙える。どれも、出船できれば大型が高確率で釣れるのが特徴だ。


近場の爆旨キンメ好調! 誰でも気軽に多点掛け【相模湾・沖ノ瀬】

近場の爆旨キンメ好調! 誰でも気軽に多点掛け【相模湾・沖ノ瀬】

キンメダイなど深場の魚というと、ビギナーにはなかなか敷居が高い釣りだと思うだろう。ところが、ここ小坪港「太郎丸」のキンメ五目船は、ビギナーにもやさしいと評判だ。


新春釣行はコレ! 高級赤魚キンメダイを狙え!!【伊豆諸島・新島沖】

新春釣行はコレ! 高級赤魚キンメダイを狙え!!【伊豆諸島・新島沖】

赤いボディーは見た目も派手でおめでたい! しかも食べておいしい高級魚! キンメダイは新春釣行にオススメのターゲット。さぁ、初釣りに行こう!


キンメダイのハイシーズンがキターッ!【東伊豆・網代沖 初島周り】

キンメダイのハイシーズンがキターッ!【東伊豆・網代沖 初島周り】

今期最大の寒波が日本を包み込み、寒さが本当に厳しくなってきた。こうなると身体の芯から温まる鍋料理が食べたくなり、釣り人たちはこぞって鍋ネタ魚の確保に勤しみ出すが、ここに朗報が入った! その代名詞とも言える鍋ネタ魚・キンメダイが網代沖でコンスタントに釣れているとの情報をキャッチしたぞ。


最大3㎏、一人で10枚も! ルアーで極上キンメダイを狙う【南伊豆沖】

最大3㎏、一人で10枚も! ルアーで極上キンメダイを狙う【南伊豆沖】

「釣るポイントが絞れてきたっていうこともあるけど、今年はルアーキンメの当たり年だと思うよ。数も型もいいからね」。言葉の主は弓ヶ浜「惠丸」の良川福一船長だ。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


相模湾のキンメダイ釣りは敷居が低い!【相模湾・沖ノ瀬〜城ヶ島沖】

相模湾のキンメダイ釣りは敷居が低い!【相模湾・沖ノ瀬〜城ヶ島沖】

本格的な深場釣りの入門に最適! 未経験でも十分に激ウマキンメが狙える! 模湾のキンメダイ釣りは、ハードルが殊の外低いのだ!


実はカンタン!! だれでも釣れるキンメダイ【東伊豆・初島沖】

実はカンタン!! だれでも釣れるキンメダイ【東伊豆・初島沖】

これからの季節、無性に釣りたくて食べたくなる魚の筆頭といえばキンメダイだろう。深場の釣りでちょっぴりマニアックな感があるけれど、実は釣り方もさまざまで気軽にエントリーできる釣りもあるのだ。


初島沖のキンメダイは手軽なLTで予想以上の釣果も【東伊豆・初島沖】

初島沖のキンメダイは手軽なLTで予想以上の釣果も【東伊豆・初島沖】

キンメ釣りというと、「道具がいろいろと大変で」というイメージがあって、ビギナーには遠慮されることも多い。しかし、ライトタックルキンメは、PE6号を300m巻ける電動リールに、ビシアジやイカ竿などがあれば楽しめる、ビギナーにもやさしい中深場の釣りなのだ。


東伊豆のキンメダイは1.5〜2㎏級の大型も多いぞ【東伊豆・大島沖】

東伊豆のキンメダイは1.5〜2㎏級の大型も多いぞ【東伊豆・大島沖】

東伊豆、大島沖のキンメダイは、このところ大型主体にトップ30〜40匹前後と好調に釣れているという。


ランキング


>>総合人気ランキング