MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

日立丸に関する記事

日立丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
日立丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒラメの仕掛けは各釣り場、船長ごとに微妙に違いがある。「日立丸」の仕掛けは捨て糸が80㎝と長め。これは「ビギナーでもオモリトントンを意識すれば、ある程度一定のタナをキープでき釣果が安定する」とのこと。
2014年8月、108㎏というクロマグロがキャッチされ、一躍注目を集めた茨城・日立港の「日立丸」。その後も50㎏のキハダや170㎏のカジキなど、超大物が次々と釣り上げられた。だが「日立丸」では、実はそんな超大物に遭遇することは珍しいことではない。毎年のことなのだ。
今回もしっかりと着込む準備をして向かったのは茨城の日立港。ただでさえ寒いのに、より寒そうな茨城北部エリアへ何故行くの? と聞かれれば、行く価値大有りだからである。市場でも常磐物と呼ばれワンランク上の扱い、大ビラメの確率が高く10㎏オーバーも夢ではない、味良し型良しなのが日立沖のヒラメだ。
常磐・日立沖の青物ジギング、いよいよベストシーズンだ!! メインターゲットのワラサは、マグロの大トロにも負けない脂の乗りと味だと言う。これはもう行って釣って食うしかないのだ。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読