MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

御宿沖に関する記事

御宿沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
外房エリアでのおすすめが、御宿沖のカモシ釣りだ。カモシ釣りとは、道糸にナイロン、遊動式テンビン、コマセも付けエサもサンマを使うことが主な特徴。御宿沖~勝浦沖はヒラマサ、マダイの大型が回遊している場所。是非!このシーズンを逃さずに!
更新: 2019-07-07 07:00:00
ご当地釣法は数あれど、その独自性で群を抜くのは外房のカモシ釣り。細いハリスでときに10kgを超えるヒラマサをキャッチすることもあるのがカモシ釣りの真骨頂。現在、ヒラマサと乗っ込みマダイが好調だ!
更新: 2019-07-04 12:00:00
「太平丸」では、王道のノーマルタックルを用いて迎撃している。仕掛けは、市販のハリス6号のヒラメ仕掛けでも良いが、船長自作の仕掛けが船で2組300円(リーズナブルです)で購入できる。
更新: 2019-01-07 00:57:53
「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。
更新: 2018-12-26 00:57:25
外房御宿沖は浅場から深場まで、ポイント多彩で様々な魚が釣れる。そのため2魚種3魚種をターゲットにしたリレー釣りが盛んだ。御宿港の「布子丸」でもオニカサゴを中心に、中深場の根魚やイカ、フラッシャーサビキによるアジ・サバなどをリレーで狙っている。
更新: 2018-10-18 00:53:26
外房、御宿沖の「三本松」はマダイ、ヒラマサの好漁場。今期は特にヒラマサが好調で、御宿岩和田港の「太平丸」は伝統のカモシ釣りで狙い、4~5㎏級を中心に数多くのヒラマサが仕留められている。
更新: 2018-07-17 01:04:38
外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。
更新: 2018-05-31 00:59:05
「前で食ったおう!」「後ろも食った!」威勢の良い声が船中に飛び交った。声の主は大野利広船長と益宏船長、「太平丸」の船上に、ヒラマサフィーバーがやってきた。
更新: 2018-05-11 08:12:04
外房のひとつテンヤマダイが乗っ込み最盛期を迎えている。外房ではこのひとつテンヤで周年マダイが狙えるが、とくにこの初夏の乗っ込みは大型がヒットする確率が高いのが最大の魅力。
更新: 2018-06-13 07:51:20
「どうぞ。水深は56mかな? だんだん浅くなって行きますよ。根のトップではヒラマサ、落ちたところではワラサって感じです」と船長がアナウンス。この船はライト&スローなスタイルにこだわって出船、人気を集めている船だ。
更新: 2018-04-24 06:07:02

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読