MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

コマセマダイに関する記事

コマセマダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
伊豆のコマセマダイ専門船 下田柿崎「兵助屋」。ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
東伊豆、伊東沖で秋のマダイが好調!今回の取材でも良型2.5㎏、2.4㎏、4㎏と型物が連発している。釣り場が近く、豊富なゲストも魅力で特大アジやカイワリはレギュラーゲスト。今後も爆釣の期待大だ!
夏を思わせる陽気が続く今、ボート釣りが絶好のシーズン。ボート釣りは子どもを連れて初めての釣り体験や、「ボートでこんな魚が釣れるの?」なんていう意外性もあり楽しみ方は色々。さあ、まずは行ってみよう!
各地でヒートアップしている乗っ込みマダイの終盤戦だが、内房・富浦沖も連日、良型が顔を出しているので要チェックだ。釣り方は上からのタナ取りで、マダイを浮かして仕留めるスタイル。良型連発で楽しめるぞ!
南伊豆・下田地区もマダイが絶好調!今年は水温の関係で乗っ込みが早い。釣り場は石廊崎沖や弓ヶ浜沖。水深は60~90mと深いため電動リールがあると便利。タナは50~70mだが、反応が浮けば30m程度の中層も攻める。
コマセマダイ基本HOW TOを知って、乗っ込みの特徴を把握しよう! そして釣り方の戦略を立てるのが重要! それに合わせて道具も準備をするのももっと重要!! コマセマダイの基本を知っておいて損は無し!
東海エリアで一番マダイの魚影が濃いと言われている御前崎沖。岩礁帯が広範囲に広がり、浅根の先端部にあたるオモリやカド根が乗っ込みポイント。深場から移動してきたマダイたちが産卵のために集結している。
久里浜沖は剣崎沖に肩を並べる乗っ込みポイント。4月前半時点では、まだ本格化とは言えないが、ポツポツと乗っ込みカラーの黒ずんだ個体がまじっている。シーズンはこれから!爆発的な食いで数釣り&大型を期待だ!
【コマセマダイ編】マダイファン待望の乗っ込みシーズンがやってきた!産卵を前に気難しい面を見せる乗っ込みマダイ。そんなマダイを食わせるには、ベーシックテクニックをマスターしておくことが重要だ!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読