MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

イサキに関する記事

イサキに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
「冬場のイサキは、いまが一番おいしいです。身体も肥えているし、脂もあります。しかも、よく釣れます」とは、下田外浦港「嘉福丸」の糸賀船長。 河津桜の開花とともに本格化するのが河津沖のジャンボイサキだ。
更新: 2019-03-10 12:00:00
伊豆半島の先端部、温暖な南伊豆沖のイサキは一年を通して数釣り可能。仕掛けは2㎜径長さ1mのクッションゴムを介し、ハリス3~4号全長6m、ハリ数は3本を使用。南伊豆エリアはハリ数は3本までと定められている。
更新: 2019-03-06 07:00:00
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
取材当日、武ノ内船長がすすめていた仕掛けはカラーバリ仕掛け。ハリス2号、ハリは白、緑、ピンクにカラーリングされたチヌバリ2号、全長3m以上のバランスだ。「新栄丸」オリジナル仕掛けは船で購入可能。
更新: 2019-02-10 12:00:00
寒さが一段と厳しくなってきたが、南房・江見沖のイサキが好調! ホットな釣果が出ている。この時期釣れるイサキは「寒イサキ」と呼ばれ、低水温から体を守るために脂肪をたくわえるため、脂ものって美味しいぞ!
更新: 2019-01-26 07:00:00
「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。
更新: 2018-12-26 00:57:25
御宿岩和田「義丸」のホームページでは、11月1日のイサキ解禁以来「反応濃くチャンスですよー」の大きな文字。ジャンボイサキのダブル、トリプルの写真で連日賑わっている。規定数の50匹を達成する日や早揚がりの日も多い。お土産高確率のオススメ人気ターゲットだ。
更新: 2018-12-25 00:48:48
大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。
更新: 2018-10-24 00:59:30
最近、思うような釣果を出せずウップンを溜ためている人に超オススメ! 南伊豆のイサキ釣りが夏場の最盛期・産卵前の荒食いを迎え、ただ今、爆釣モード全開で釣れまくっているのだ!!
更新: 2018-08-23 01:06:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読