イサキに関する釣り記事


爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

最近、思うような釣果を出せずウップンを溜ためている人に超オススメ! 南伊豆のイサキ釣りが夏場の最盛期・産卵前の荒食いを迎え、ただ今、爆釣モード全開で釣れまくっているのだ!!


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


江見沖で五目の楽しさ満喫! 釣り方も仕掛けも自由に選べる(新栄丸)

江見沖で五目の楽しさ満喫! 釣り方も仕掛けも自由に選べる(新栄丸)

江見港「新栄丸」での五目釣りが面白い。新たなポイントを流すたびに、マダイ、イサキ、ハナダイと、それぞれ本命級の魚が船上を賑わせた。


アミコマセで釣るナイスボディの身厚の激うまイサキ! (かごや丸)

アミコマセで釣るナイスボディの身厚の激うまイサキ! (かごや丸)

伊勢湾周辺の釣り物の年間ターゲットのひとつ、イサキ。イサキといえば、関東東海エリアでは、ほぼ周年釣れる釣り物だが、初夏から夏が旬。その理由はマダイなどと同じく乗っ込みのため群れ固まり釣りやすくなるから。しかも、産卵前の個体は身厚で脂が乗っていることが多く、食味も抜群だ。


洲崎沖のイサキ、入れ食いもあって多点掛け連発だ!(佐衛美丸)

洲崎沖のイサキ、入れ食いもあって多点掛け連発だ!(佐衛美丸)

南房の「梅雨イサキ」がいよいよ最盛期突入。洲崎港「佐衛美丸」HPの釣果報告を見ると「50〜50」との表記が。協定規則により上限を50匹にセットしているので、つまり全員が50匹釣れていることを意味する。一部の腕利きだけでなく、全員が50匹釣れるなら楽しいことは間違いない!


脂ノリノリの激うまイサキが大原沖で爆釣だー!(敷島丸)

脂ノリノリの激うまイサキが大原沖で爆釣だー!(敷島丸)

今期は出遅れ気味だった大原沖のイサキが、水温の上昇と共にようやく本格化。活性はもちろん、ナイスサイズ連発でファンを魅了している。


釣り味、食味ともに最高の梅雨のイサキを洲崎沖で釣ろう!(佐衛美丸)

釣り味、食味ともに最高の梅雨のイサキを洲崎沖で釣ろう!(佐衛美丸)

この時期に旬を迎えるイサキは、ファンにとっては待ちに待ったシーズンの到来。イサキの好漁場として有名な南房総では3月にシーズン開幕。気温の上昇とともに浅場へと移動してくる。ちょうど梅雨時期は産卵前の荒食いで脂たっぷり。釣り味、食味ともに最盛期を迎える。「梅雨イサキ」とも呼ばれ、多くのアングラーを虜にする所以はここにある。


今年もバリバリ食ってます! 南伊豆の絶品イサキを釣ろう!(久寿丸)

今年もバリバリ食ってます! 南伊豆の絶品イサキを釣ろう!(久寿丸)

毎年これでもか! ってくらい釣らせてくれる南伊豆のイサキ。今年も釣り人の期待を裏切ることなくたくさん釣れている。


コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

「熱海の多賀から出船する面白い釣りがありますよ。様子を見に来ませんか?」と、「エイテック」の秋山明広さんからのお誘いでうかがってみれば、「なるほど! これはおもしろい」と納得の釣りが展開されていたのだった。


片貝沖のイサキ五目釣り! ハナダイ&アジも楽しめる(二三丸)

片貝沖のイサキ五目釣り! ハナダイ&アジも楽しめる(二三丸)

真子や白子を抱えた、今が旬のイサキが連日好調だ。片貝旧港「二三丸」ではイサキとハナダイ・アジ五目の欲張りリレーで出船中だ。


五目釣りに青物がまじるイメージだから高級お土産いっぱい(博栄丸)

五目釣りに青物がまじるイメージだから高級お土産いっぱい(博栄丸)

御前崎沖航程約1時間半弱の場所にある、漁に出て“金になる”ほど魚が豊富であることからそう呼ばれるようになったといわれる「金洲」。ここは毎年4月1日に解禁を迎え、四季折々様々な魚たちが我々釣り人を迎えてくれる。


片貝沖のハナダイ&イサキでクーラーボックスいっぱいだ(勇幸丸)

片貝沖のハナダイ&イサキでクーラーボックスいっぱいだ(勇幸丸)

片貝港「勇幸丸」で出船しているイサキ、ハナダイのリレー船が好期に入った。特にイサキは抱卵時期で、白子、真子を持った良型イサキが釣れ盛っている。


リミット50匹キャッチもザラ! 乗っ込みのイサキを楽しもう(春栄丸)

リミット50匹キャッチもザラ! 乗っ込みのイサキを楽しもう(春栄丸)

外房・大原沖のイサキが好調だ。規定の50匹リミットに達する釣り人たちが続出中で、白子や抱卵したおいしいイサキを数釣ることがカンタン。


ぷっくり丸々良・大型主体釣れてます! 梅雨のイサキ(松栄丸)

ぷっくり丸々良・大型主体釣れてます! 梅雨のイサキ(松栄丸)

どうです、このイサキ! 良型、大型ばかりを選んで写真を撮ったわけではありません。ほとんどがこのサイズなのだ。いま、南房・布良沖で釣れているイサキは、とにかくサイズがいい! もちろん、数だってバッチリ。


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

川奈沖のイサキは型と味の良さがウリだ! 半日船、それも大抵マダイとのリレーで出船ということもあって「数ではトップ20〜30匹と他地区と比較して見劣りするかもしれないけど、型と味の良さでは絶対負けませんよ」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長。


マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

今年の南伊豆海域におけるマダイの乗っ込みは、例年になく遅れて本格化。そのぶん長引いており、6月に入っても乗っ込みの個体が釣れている。そしてイサキもおもしろい時期。本格シーズンに突入しており、専門に狙う船は連日好釣果を記録している。


食べごろ良型シマアジを釣るならここだ! 釣り方解説(銭州・舵丸)

食べごろ良型シマアジを釣るならここだ! 釣り方解説(銭州・舵丸)

大物釣り場の代名詞になっていて、沖釣り師なら一度は行ってみたい銭洲。今期も4月1日に解禁し、年末まで遊漁船で楽しめる。遊漁船では限定近海許可(JG)という国の厳しい検査を通過してその許可を得た船のみ、釣りが楽しめる海域のため、現在では数隻のみが行くことが可能。そのひとつが沼津「舵丸」だ。


今期はお手軽高級五目が面白い! シマアジも依然絶好調!(舵丸)

今期はお手軽高級五目が面白い! シマアジも依然絶好調!(舵丸)

大物の聖地〝銭洲〟。4月の解禁直後からネープルス前のシマアジが好調だ。すでに今期は7㎏オーバーのオオカミもキャッチされており、その勢いは収まる気配がない。


メッチャ楽しい五目釣り! 大型イサキ&大型ハナダイ中心(勇幸丸)

メッチャ楽しい五目釣り! 大型イサキ&大型ハナダイ中心(勇幸丸)

これから6月いっぱいぐらいは、片貝沖のイサキがベストシーズン。片貝旧港「勇幸丸」は、イサキに加え片貝沖でほぼ周年狙うことのできるハナダイもリレーで狙うイサキ五目乗合で出船している。


ランキング


>>総合人気ランキング