MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

山正丸に関する記事

山正丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
重要なのはジギングもキャスティングも「ルアーをキャストする」こと。プラグは言うまでもないが外房ではジグもキャストする。水深が浅いポイントではジグを斜めに引いて、より長い距離で魚にアピールさせる。
更新: 2019-03-31 12:00:00
「正直、取材依頼の電話があったときは断ろうと思いました。もしかしたら…という思いもあって、ダメ元で受けました」そう話すのは、千葉・大原港「山正丸」の山口船長。今季の外房は、それほどまでに状況が悪い。
更新: 2019-01-28 07:00:00
外房のヒラマサが秋のシーズンを迎えている。春ほど数が出ているわけではないが、サイズがよく、ジギングでは3〜4㎏、キャスティングでは7〜8㎏が中心にキャッチされている。
更新: 2018-10-22 02:15:38
“秋マサ”と呼ばれ、“春マサ”シーズンと並んで2大シーズンのひとつとされている秋の外房ヒラマサが、いよいよベストシーズンを迎える。
更新: 2018-10-19 00:56:52
千葉・外房に秋の青物シーズンの到来だ。メインターゲットは、もちろんヒラマサ! それにワラサ(イナダ)やカンパチ、昨年はハガツオなどもよくヒットした。秋は魚種も多彩なので、まさに入門には最適な時期といえよう。
更新: 2018-08-10 01:01:50
例年であれば、ゴールデンウイーク前から夏前頃までは外房は青物のベストシーズンを迎える。この頃をとくに“春マサシーズン”と呼び、ヒラマサはもちろんワラサの好釣果で大いに賑わう。
更新: 2018-07-20 00:53:01
外房の春マサがいよいよ終盤戦だ。例年春シーズンは2〜3㎏が主体で比較的数が出やすいことから、初心者がチャレンジしてキャッチすることも多く、それゆえ青物ルアー入門者にも最適な時期として人気が高い。
更新: 2018-06-05 06:28:27
外房のヒラマサが近年稀に見る好釣果に沸いている。一人2~3本以上キャッチ、船中20本以上などは珍しくないとう、かなり驚くべき釣果となっているのだ。
更新: 2018-05-11 08:12:32
“春シーズン”と呼ばれる4~6月は、例年であれば2~3㎏クラス主体で数釣れるのが特徴だ。5月中旬の取材でも10㎏前後がキャスティングで4本キャッチされ、ジギングでは3~4㎏クラスが多数取り込まれた。
更新: 2018-05-11 08:12:41
「こんな貧果は正直そうはないです。いくら渋いといっても、もう少しは釣れると思ったんですが…」と頭を抱えるのは、その名を全国に馳せる「山正丸」の山口徹船長。
更新: 2018-04-14 07:52:58

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読