沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

山正丸に関する釣り記事


ラインブレイク多発注意! ヒラマサ&ワラサ&カンパチ(山正丸)

ラインブレイク多発注意! ヒラマサ&ワラサ&カンパチ(山正丸)

“秋マサ”と呼ばれ、“春マサ”シーズンと並んで2大シーズンのひとつとされている秋の外房ヒラマサが、いよいよベストシーズンを迎える。


ジギング&キャスティングで狙う! ヒラマサ&ワラサ(山正丸)

ジギング&キャスティングで狙う! ヒラマサ&ワラサ(山正丸)

千葉・外房に秋の青物シーズンの到来だ。メインターゲットは、もちろんヒラマサ! それにワラサ(イナダ)やカンパチ、昨年はハガツオなどもよくヒットした。秋は魚種も多彩なので、まさに入門には最適な時期といえよう。


今期は7月以降もチャンス大! 外房のヒラマサ&ワラサ(山正丸)

今期は7月以降もチャンス大! 外房のヒラマサ&ワラサ(山正丸)

例年であれば、ゴールデンウイーク前から夏前頃までは外房は青物のベストシーズンを迎える。この頃をとくに“春マサシーズン”と呼び、ヒラマサはもちろんワラサの好釣果で大いに賑わう。


外房”春マサ”シーズン! ラストスパートのヒラマサを狙う(山正丸)

外房”春マサ”シーズン! ラストスパートのヒラマサを狙う(山正丸)

外房の春マサがいよいよ終盤戦だ。例年春シーズンは2〜3㎏が主体で比較的数が出やすいことから、初心者がチャレンジしてキャッチすることも多く、それゆえ青物ルアー入門者にも最適な時期として人気が高い。


外房のヒラマサをキレあるジャークで攻略せよ!【外房】

外房のヒラマサをキレあるジャークで攻略せよ!【外房】

外房のヒラマサが近年稀に見る好釣果に沸いている。一人2~3本以上キャッチ、船中20本以上などは珍しくないとう、かなり驚くべき釣果となっているのだ。


シーズン真っ只中!ジギングとキャスティングで狙うヒラマサ【外房】

シーズン真っ只中!ジギングとキャスティングで狙うヒラマサ【外房】

“春シーズン”と呼ばれる4~6月は、例年であれば2~3㎏クラス主体で数釣れるのが特徴だ。5月中旬の取材でも10㎏前後がキャスティングで4本キャッチされ、ジギングでは3~4㎏クラスが多数取り込まれた。


いよいよベストシーズンへ! 外房のヒラマサ&ワラサ【外房】

いよいよベストシーズンへ! 外房のヒラマサ&ワラサ【外房】

「こんな貧果は正直そうはないです。いくら渋いといっても、もう少しは釣れると思ったんですが…」と頭を抱えるのは、その名を全国に馳せる「山正丸」の山口徹船長。


4~6月が絶好機! 外房ヒラマサ、スプリングシーズン開幕【外房】

4~6月が絶好機! 外房ヒラマサ、スプリングシーズン開幕【外房】

かつては「一度は釣ってみたい難攻不落のターゲット」「上級者でも何十回通ってやっと1本釣れるかどうか」などと言われ、敷居が高く、釣ることが難しいターゲットの代表としていわば〝アングラーの憧れのまと〟的存在だったのが外房のヒラマサだ。


ヒラマサ&ワラサ、ベストシーズン到来!【外房】

ヒラマサ&ワラサ、ベストシーズン到来!【外房】

周年にわたり、ヒラマサやワラサなどの青物を狙うことができる千葉・外房。そのなかでも、ベストシーズンとされるタイミングは春と秋の2回あるといわれる。まさにちょうど今が2大のシーズンのうちのひとつ。最高の季節なのだ。


極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

オフショアルアーアングラーなら、おそらく誰もがその魚体を我が手に抱くことを憧れる魚が「外房のヒラマサ」だろう。その理由は単純明快。「難しい」からだ。


秋の外房のヒラマサゲーム、いよいよ本番だっ!!【千葉・外房】

秋の外房のヒラマサゲーム、いよいよ本番だっ!!【千葉・外房】

千葉・大原港「山正丸」は周年ヒラマサのルアーゲームで出船する。毎年この時期は“秋マサシーズン”と呼ばれるほど状況がすこぶる良い。これはもう、期待せずにはいられません、いやがうえにも。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読