MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

メヌケに関する記事

メヌケに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
鹿島新港「桜井丸」浅場の北沖で3.5㎏頭に船中22匹!女性が大活躍のレディースデー!鹿島沖のメヌケが絶好調!南沖に加え ライトOKの北沖でも好釣果を記録した!
犬吠埼沖のメヌケ釣りが絶好調だ!銚子外川港から出船の「福田丸」では、3~4㎏前後の良型主体に5㎏オーバーの大型まじりでトップ10匹以上も記録!この機会に、深海釣りのダイゴミ”提灯行列”を体感しよう!
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
港の南北に有力なメヌケ釣り場を有する鹿島新港「桜井丸」。当日はハードコンディションの中、3㎏の良型を引っ張り出した。大型提灯行列が期待大の、トップシーズンに向け、鹿島北沖の今後に注目したい。
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
鹿島沖では4月から緋色したメヌケが好調!メヌケ以外にもマダラやアカガレイ‥‥等、まさに満開のお花見気分!百花繚乱咲き乱れる釣りを楽しめる。海況が安定する今後は入門にも最適。メヌケ釣りは7月まで続くぞ。
鹿島沖で好調なメヌケ&マダラ。通常の潮の流れなら中型電動にPE6~8号、350号オモリで狙う。水深300mで、狙うは4㎏前後!基本「数より型」だが、提灯行列も夢ではない!産卵後の荒食いがある5月はさらに期待大!
銚子・外川港から2時間あまりのポイントでは、現在連日メヌケが好調に釣れている。糸フケをしっかりとって、海底をたたくのがコツだ!高級魚のメヌケは刺身、昆布締め、鍋など帰ってからの楽しみも大きい。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読