MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

洲崎沖に関する記事

表示順:
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
公開: 2019-01-17 22:00:00
オレンジ色に輝くメバルが船上に舞う。洲崎港の「源平丸」では、オキメバルが3点、4点掛けで釣れ上がるシーンが連発。同じポイントでイサキもまじり、クーラーは色鮮やかな魚で埋まっていった。
公開: 2019-01-06 03:00:00
仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテや11㎝プラヅノに赤白の糸を巻いたものをまぜておこう。潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などが乗ることもあるので、基本のブルー、ピンク、ケイムラのほかにも用意しておこう。
公開: 2018-11-14 22:00:00
南房の「梅雨イサキ」がいよいよ最盛期突入。洲崎港「佐衛美丸」HPの釣果報告を見ると「50〜50」との表記が。協定規則により上限を50匹にセットしているので、つまり全員が50匹釣れていることを意味する。一部の腕利きだけでなく、全員が50匹釣れるなら楽しいことは間違いない!
公開: 2018-06-27 03:00:00
この時期に旬を迎えるイサキは、ファンにとっては待ちに待ったシーズンの到来。イサキの好漁場として有名な南房総では3月にシーズン開幕。気温の上昇とともに浅場へと移動してくる。ちょうど梅雨時期は産卵前の荒食いで脂たっぷり。釣り味、食味ともに最盛期を迎える。「梅雨イサキ」とも呼ばれ、多くのアングラーを虜にする所以はここにある。
公開: 2018-06-24 03:00:00
カサゴ釣りというと、中小型の数釣りが、東京湾内では人気だが、30㎝超えの大型は数少ない。ここ洲崎沖では、港前の水深10〜30mの浅場で30㎝超えの大型カサゴばかり釣れるという。根魚フリークには夢のような釣りが可能だ。
公開: 2018-06-14 03:00:00
水温が上がるこれからの季節は、浅場の根魚がグーンと活発になってくる。根魚釣りのド定番カサゴはもちろん、ハタ類やメバルも高活性! さらにはヒラメ、マゴチなど高級魚まじりの根魚五目も楽しめる。房総半島は、そんな根魚たちの宝庫だ!
公開: 2018-06-01 03:00:00
東京湾や相模湾でも人気のあるカサゴ釣り。ビギナーにもよく釣れて食べておいしいからだ。そんなカサゴ釣りに力を入れている南房の船宿がある。洲崎「北山丸」だ。
公開: 2018-05-14 22:00:00
3月からスタートし、好調に釣れている南房のイサキ。春のシーズンはまだ水温が低めでシケ後など食い渋るような日も見られたが、水温が上がって安定してくる初夏からはイサキの活性がさらに高まり、安定釣果が望める時期だ。つまり、これからが本番というわけだ。
公開: 2018-04-27 22:00:00
春の訪れとともに、釣果の知らせを聞く「イサキ」。まず南房総で最初の声を聞き、徐々にそのイサキ前線は房総半島に沿って北上していく。本日お邪魔した「早川丸」が宿を構えるのは洲崎栄ノ浦港。房総半島最南端、東京湾の入り口の洲崎灯台の麓に位置し、まさに南房イサキのスタート地点。今年も3月1日に開幕を迎えた。
公開: 2018-04-26 21:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読