MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

大さん弘漁丸に関する記事

大さん弘漁丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ビッグワンが期待できる乗っ込み期のマダイ!日立久慈沖では、これからひとつテンヤ釣法での乗っ込み本番を迎えようとしている。当地ならではのテンヤマダイの攻略法を紹介しよう。
日立久慈沖のテンヤマダイがおもしろい!乗っ込みの大型が顔を出し、青物や各種根魚といった多彩なゲストも!取材後の5月22日には、4.5㎏の大ダイ&2㎏の中ダイと3〜7㎏のワラサ・ブリも取り込まれている。
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
大さん弘漁丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
茨城県・日立沖のマダイは、ここ数年冬場も水温が高めに推移して、ほぼ周年釣果が期待できるようになった。この春も冬場から続いてマダイの釣果が記録されている。
タックルは、一般的なテンヤマダイ専用ロッドに軽量中型スピニングリールをセットするスタイルでOK。道糸にPE0.8〜1号を巻いて挑もう。使用テンヤは、3〜8号が中心となるので多目に持参すること。当地は岩礁地を攻めるのでハリ先が痛みがち。替えバリの用意も忘れずに。
月日の経つのは早いもの。ふと気が付けば、いつのまにやら12月。日立沖のテンヤマダイ、ここ最近は好調続き。釣り納め、釣り始めに、メデタイ赤い魚を狙ってみては、いかがでしょう。ズバリ、年末年始にオススメです!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読