MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マサバに関する記事

マサバに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
シ ケ気味の日でも出船率が高く楽しめるのが東京湾のビシアジ。走水港「関義丸」は午前午後の一日二便態勢で出船。半日でトップは20匹台~30匹台の釣果が続いている。
東京湾のアジが好調継続!浦賀港「前田丸」でも27~28㎝がレギュラー、40㎝近い特大級をまじえトップ50匹前後の釣果!どれもこれも幅広の超美味アジだから文句の付けようがない。
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
東京湾の走水沖は速い潮に揉まれて美味な大アジが育つ海。そこで40㎝超の瀬付きアジを狙って出船しているのが、走水港「吉明丸」11月はベストシーズン。魚屋には出回らない特別な大アジを釣りに出かけよう。
東京湾でピカイチのうまさを誇る猿島周りのブランドアジ。20~23㎝クラス主体に、30㎝前後の中型、さらに35㎝オーバーの大アジもまじる。タックル、仕掛け、基本の釣り方などを徹底解説!最高の味覚を楽しもう!
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲット。現在、安の好釣果が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣り。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
ライトルアー乗合は、同船の看板ともいえる人気釣り物。例年通り、5月連休からスタートしたが釣果的にはムラが目立つという。取材当日のポイントは港からほど近い茅ヶ崎沖が中心となった。
外房勝浦沖でもヤリイカの乗りが急上昇中だ。50㎝前後の大型のオスに、20㎝台のメスもまじり、いい日はトップ40〜50杯。5杯、6杯の多点掛けもあり、釣り味、食味どちらも楽しめる状況だ。
マサバは、スズキ目・サバ科に分類される魚の一種。全世界の亜熱帯・温帯海域に分布する海水魚である。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読