MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

釣福丸に関する記事

釣福丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
人気の高いショアからのアジングゲーム。勢いはオフショアの釣りにも波及。磯子「釣福丸」は東京湾でも数少ない、通年アジを狙い続けている船だ。連日、沸騰中のアジングナイトゲーム!ぜひ、チャレンジを!
東京湾のカンパチが活況だ。磯子「釣福丸」では、根岸湾内、水深約5mの浅場で、ライトタックルで狙う。ゆえにスリリングなファイトを満喫できる。ファイターとの近距離戦をぜひ!
釣福丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
東京湾のタイラバは一年中コンスタントに釣れるようになって、いまや、東京湾の定番ゲームだ。でもやっぱり、産卵を意識するマダイ多い春がトップシーズンだ!当たれば、大ダイが連発することも!
ほかとはちょっと違う!? そんなアプローチで東京湾のルアーターゲットを釣りまくっているのが、横浜磯子の「釣福丸」だ。
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
横浜磯子をベースに独自のルアーゲームを展開している「釣福丸」。季節ごとに細かく看板ゲームが変わるが、秋から冬にかけてはとくにおすすめの釣り物がある、という。
数を楽しむ釣りではない。一枚一枚を大事に楽しむ。そんな釣りのひとつが東京湾のタイラバゲームだ。
東京湾でルアーのターゲットになる魚はすべて狙う! しかし、ルアー専門というわけでもない。エサ釣りだってOK。つまり、面白ければどんな釣りでも楽しんでしまう! そんな気軽なスタンスで人気の船が、横浜磯子の「釣福丸」だ。
釣って楽しく、食べて美味しい! 本誌のモットーともいえる、釣りの醍醐味を堪能させてくれる代表選手が、アジ、そしてアジングだ。「うちではだいたい一年中出来ますよ。年が明けてもメバルが中心になる3月くらいまでは十分に楽しめます」とは福住武彦船長。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読