MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

初栄丸に関する記事

初栄丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
「何か、違う動きだけどな」スコール並みの大雨の中、ミヨシでスタンディングファイトする鈴木氏のロッドを見て「サメだよ」の声をヤンワリと否定した渡辺和明船長。観戦しばし。海面下に揺れる魚影は……白い!!
更新: 2019-07-05 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
アラを釣るため「活きエサ=ヤリイカ確保」で臨んだヤリイカが予想以上の乗り&大型ぞろい。十分な土産を確保して、緊張感が緩んで「今日はダメかな」と思った終盤に「ちょっと違う」アタリが竿先を叩いたぞ!
更新: 2019-04-04 12:00:00
「今期は例年以上に良い感じだよ。なんたって年明けからオデコの人が少なく、釣り座に関係なくコンスタントに釣れてるからさ」と、乗船時に満面の笑顔で状況を話してくれたのは勝浦港「初栄丸」の渡辺和明船長だ。
更新: 2019-02-14 12:00:00
勝浦港「初栄丸」も、そのスタイルで出船している。出船後、まずはフラッシャーサビキ釣りを行う。タックルはオニカサゴのものそのままでOK。仕掛けは幹糸6~8号、ハリス4~6号の7~8本バリ、フラッシャーはピンク&ホワイトが定番だ。
更新: 2019-01-09 00:56:17
10年前から勝浦港「初栄丸」でスタートした「TEAM OKAMOTO」の大アラ仕立船。当初は午後船での実施だったが、いつの頃からか「午前・午後通し」の12時間耐久釣行へと「進化?」を遂げて今日に至る。
更新: 2019-01-09 00:55:57
勝浦沖の中深場を「ディープゾーン」と称し、高級根魚を追い続ける勝浦港「初栄丸」渡辺和明船長。
更新: 2018-10-30 02:30:14
秋の沖釣りベストシーズン。今回、釣りアイドル「つりビット」のメンバーや、以前つり丸に連載をしていた二代目アングラーズアイドルのそらなさゆりさん、タレントの石澤倫子さんらが大原沖に集結し、沖釣りを楽しむと聞き、大原港「初栄丸」に乗船した。
更新: 2018-09-19 01:03:23
TEAM OKAMOTOの梅雨時恒例行事のひとつが勝浦港「初栄丸」を仕立て、午前・午後ブッ通しで勝浦沖「ディープゾーン」に挑む「12時間耐久フィッシング」。
更新: 2018-06-14 01:02:48
勝浦港「初栄丸」で楽しめる勝浦沖の根魚釣りは、カサゴとメバルをメインに、アカハタやマハタといったハタ類がターゲット。カサゴやメバルを対象とした根魚釣りは東京湾や相模湾でも盛んに行われているが、ここ勝浦沖はサイズが違う。アベレージサイズがひと回りもふた回りもデカいのだ。
更新: 2018-06-07 08:33:08

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読