MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

タイラバに関する記事

タイラバに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
清水港内に流れ込む巴川河口から出船している「大宝丸」。長橋寿光船長は、駿河湾の沖釣りの究極の楽しさを追及している。
更新: 2018-07-12 08:24:51
ここ数年、タイラバに凝っている北本さん。「初めはみんな半信半疑なんだけど、これがよく釣れてハマっちゃうんだよね」と、当人もそれでハマったクチ。各地で実績を残しているが、果たして鹿島沖ではどうだろうか?
更新: 2018-06-04 00:58:40
冬場から好調が続いている鹿島沖のテンヤマダイ。4月に入ると大型、良型マダイの釣果が目立つようになってきた。
更新: 2018-05-23 01:04:13
いよいよ乗っ込みマダイシーズンが開幕。産卵前の食い気の立った大型マダイが浅場に集まり、一年で最も高い確率で本命に出会える時期です。東京湾口は古くから乗っ込みマダイの高い実績を誇る漁場の一つ。週末ともなると多くのマダイフリークが終結し、大船団を形成。ただしこのエリアはコマセマダイが中心でした。
更新: 2018-05-16 00:53:04
現在、房総から茨城にかけてのテンヤマダイ&タイラバはすでに定番として広く親しまれているが、東京湾ではようやくここ最近に定着してきた感がある。
更新: 2018-06-21 01:54:29
「いきなりゴツゴツと来ました! 重かったです!」と、息を弾ませながら答えてくれたのは、新宿区の坊内聡太くん。11月下旬、マダイ狙いに出た「フレンドシップ」船上。朝一番、ひと流し目の出来事だった。マダイは2㎏ジャスト、初挑戦での快挙だった。
更新: 2018-01-14 06:04:33

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読