MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ふじなみ丸に関する記事

ふじなみ丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
西伊豆沖のオニカサゴ釣りの特徴は、派手な仕掛けが有効であること。石花海同様、世界に稀にみる海溝、駿河トラフに接しているのも、その理由のひとつかもしれない。派手な仕掛けとはなにか。エサを大きめに付け、ハリにはタコベイトなどのいわゆる光り物を各種装着。さらに、テンビン付近に水中ライトを付けるというもの。
更新: 2019-01-15 00:48:44
竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。
更新: 2018-11-09 00:54:04
食わせサビキ釣りとは何か!? イワシや小アジなどの小魚をサビキにかけて、その魚を回収せず、そのまま生きエサにして、ヒラメやカサゴ、青物などを狙う釣り方だ。エサの生きのよさはもちろんのこと、そのベイトに群がるフィッシュイーターたちを即座にターゲットにできる、マッチ・ザ・ベイトの優れた釣法なのだ。
更新: 2018-05-15 04:11:58
「ダメだ、波勝崎に戻りましょう」藤井明男船長が転進を告げたのは昼過ぎ。 久々の「ヘビータックル深海釣り」は西伊豆安良里港出船のアコウダイ。
更新: 2018-04-19 04:23:38
これからが本番のヤリイカ。この釣りの魅力は、比較的簡単に「乗る」「釣れる」ことと、食べておいしく、料理も簡単なこと。保存もOKのヤリイカを初めての人でも簡単に多点掛けして、満足してもらうために、基本釣法を優しく紹介。ベテラン釣り師も基本をおさらいしていざ、ヤリイカ釣りへ!!
更新: 2018-01-14 06:04:02

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読