MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

沖ノ瀬に関する記事

沖ノ瀬に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
神奈川県小坪港「太郎丸」では、手軽に楽しめる深場釣り!相模湾のキンメダイ五目が沸騰中!当日は終盤に4連、5連、6連を達成!今後も期待は充分だ!
茅ヶ崎港「湘南 海成丸」ではヤリイカ&スルメイカの「パラソル級」が多点掛けでまとまって釣れている。釣り味は抜群!ビギナーはブランコ仕掛け、慣れた人は直結仕掛けを使ってデカヤリ釣りを楽しもう!
いよいよ冬本番、相模湾・小坪港「太郎丸」のキンメ船が評判を集めている。潮が緩んでキンメが急上昇中!数&サイズにも期待大!クロムツも良型チャンス!レンタルOKで深場入門にも最適だ!
「太郎丸」の「アコウダイ五目」で使用するオモリは250号(潮が速いときは350号を使うこともある)。狙う水深は深くても500mぐらいまで。そのため、竿はオモリ250号に対応した深海用がベスト。
うまい魚の代名詞、深場のアコウダイやキンメダイのシーズンが冬だと思っている方が多いと思いますが、実はこの時期、最も美味しいとツウ達が口を揃えて言うのをご存知でしたか?そんな魚をターゲットにアコウ五目で日々、相模湾の沖ノ瀬へ出船し、コンスタントな釣果を揚げているのが三浦半島小坪港の「太郎丸」だ。
相模湾のヤリイカ釣りもいよいよ本格シーズンに突入した。相模湾、長井出船で狙うポイントは、近場では城ヶ島沖、少し足を伸ばして洲崎沖から沖ノ瀬と広範囲にわたる。潮の速さや水温、釣れているイカがヤリイカメインなのかスルメイカメインなのかで、それぞれを釣り分けている。
キンメダイなど深場の魚というと、ビギナーにはなかなか敷居が高い釣りだと思うだろう。ところが、ここ小坪港「太郎丸」のキンメ五目船は、ビギナーにもやさしいと評判だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読