MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

神栖沖に関する記事

神栖沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
今期の部分解禁も好釣果でスタートダッシュを決めた茨城海域のヒラメ釣り!ちなみに当地は、横流しの釣りが主流。今後も数釣りに期待が持てる茨城海域だが、数を伸ばすには、中小型を確実に獲ることも重要。
「庄栄丸」の幸保重行船長がオススメする仕掛けは、捨て糸が7号50㎝ほど。ハリス6号90㎝。孫バリにはトリプル8号を付けるという一般的なもの。オモリは80〜120号使用。船の流れの速さで使い分ける。
「今期のヒラメも絶好調だよ。部分解禁した11月1日から船を出しているけど、出船すれば2ケタ釣果のお客さんが何人か必ず出るし、ボウズもナシ。この分で行けば12月1日の全面解禁直後も安泰。爆釣必至だと思うよ」と、近況から見通しまでを端的に語ってくれたのは、11月中旬に取材で訪れた波崎港「三栄丸」の木村卓三船長だ。
茨城海域のヒラメ釣りは、外房大原沖と同じく、ほぼ横流しスタイルをとっている。広範囲にヒラメがいる漁場の良さと、釣りの効率の良さが期待できるからだ。しかし、この釣りの意味を理解していないと、効率のよい釣り方でも釣れない釣りに陥る可能性がある。
11月1日に茨城の神栖沖から鹿島沖のヒラメ釣りが解禁した。当日、風はなく潮もほとんど流れずの状態でスタート。横流し釣りが主流であるこの海域では、風も潮の流れもないと打つ手がないが、実績ポイントに生きのよいマイワシエサを投下すると、釣り人の竿が次々と曲がっていった。
茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読