MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

直栄丸に関する記事

直栄丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
片貝旧港「直栄丸」のコマセシャクリのハナダイ五目が絶好調!ハナダイをメインにイシダイやイシガキダイ、イナダやメバルなど真冬でも美味しい魚がいろいろ釣れる穴場の海で、楽しんじゃいましょう!
直栄丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
外房・片貝沖はコマセシャクリのパラダイス!片貝旧港「直栄丸」では、イサキ~ハナダイリレーが楽しめる。どちらもレギュラーサイズ30cmで良型で大型が多い。今後は大アジも顔を出すはず。お土産たっぷり楽しめる。
スィ~スィ~ッと誘う竿先がキュキュン! と入る。片貝沖でコマセシャクリによるハナダイ五目釣りが好調だ。いい日は良型主体にトップ30枚ほど釣れる日もあるんだそう。
ハナダイ釣りというと、小型の数釣りというイメージを持ってはいないだろうか? 成長が遅いハナダイだが、大型になると40㎝を越える。片貝沖はその大型ハナダイが狙える数少ないポイントだ。
ハナダイ狙いで出船している片貝旧港「直栄丸」では、このところ25〜40㎝前後の良型主体にトップ30〜40枚前後釣れており、トップ50枚(規定数)の日も多い。ハナダイのシャクリ釣りはウイリー仕掛けや、ここ数年はカラーバリ仕掛けを使い、付けエサなしで行う船も多いが、「直栄丸」ではオキアミエサを付けて釣るのを基本としている。
片貝沖のハナダイ五目が好シーズンに突入だ! 片貝旧港「直栄丸」の取材日前の釣果を見ると、ハナダイのトップの釣果が、42枚、38枚、50枚、41枚、50枚と制限尾数に届いているか、あるいは届きそうな勢いだ。
気温が上がり、水温も上昇していよいよ沖釣りの本格シーズンに突入した。好調な釣り物は数あれど、「絶好調」なものは意外に少ない? そんな中、絶好調の釣り物がありました。それが、片貝沖のハナダイ五目だ。そんな情報を得て、4月17日に「直栄丸」に急行した。
新年初釣りはこれで決まり! 2018年のスタートにオススメなのが片貝沖のハナダイ五目だ。縁起のいい看板ハナダイやマダイは良型揃い。イシダイ、イシガキダイやハタ、青物など高級五目釣りが楽しめる。連日、クーラーボックスは色とりどりの魚種で大賑わいの欲ばりメニューだ!
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読