MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ホウボウに関する記事

ホウボウに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東京湾のイシモチが好期に突入。手軽な道具で小さな子どもたちも楽しめるが、ベテランも夢中になる奥深さもある。これから春先までが落ちの時期で大型狙いも有望。銀色に輝く魚体は見事なサイズが揃っている。
相模湾のホウボウゲームが開幕。相模湾の冬の釣り物として定着したこの釣り。平日でも2隻出船するほどの人気を誇る。釣り方は、ジギングまたはエサ釣りだが、ここでは人気ゲームのジギングを特に詳しく解説する。
マダイ特有の三段引きを最も楽しめる「ひとつテンヤマダイ」を目玉の釣り物に掲げるのが日立久慈港「釣友丸」。日立沖は現在は数釣りモード中!大ダイ、特ダイのXデーも間近だ!
ロングランで楽しめる東京湾のイシモチ。冬場はムラがあるものの、数釣りが楽しめる時期でもある。金沢八景「黒川丸」では終日アタリがあり、釣り人3人で39〜43匹という好釣果。ぜひチャレンジしてみよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
ひとつテンヤでマダイを狙うなら、茨城海域の会瀬沖が熱い。この冬は水温が高く、好シーズンが続いている。初釣りはテンヤマダイという人には会瀬沖がオススメ。1月中も大ダイ狙いでまだまだイケそうだ!
江見港「新栄丸」では、絶品イサキ&高級五目釣りが盛況!連日イサキの爆釣が続き、1時半で規定数50匹に達する日も!美味イサキを確保したら、五目釣りにシフト!豪華なフルコースを楽しんでほしい。
茨城県平潟港「第十五隆栄丸」で今期2度目のアカムツチャレンジ!「来たっ!」「こっちも食った!」船上は蜂の巣を突いた様な大騒ぎ。次々取り込まれるグラマーなルビーレッドに鈴木和次船長も笑顔を見せる。
横須賀・久比里出船のアマダイは初秋ごろに開幕。来春までとかなりロングランで楽しめる。剣崎沖周辺は50㎝オーバーが釣れるポイントで、今シーズンもすでに複数本ゲットされている。今年も絶好調の予感アリだ!
茨城エリアのテンヤマダイは、年内がベストシーズン!この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でもアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読