MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ホウボウに関する記事

ホウボウに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
多くの魚種を一緒に釣ってしまおう!鴨川江見沖では通常の概念を覆す五目釣りがあると聞く。同じタックルと仕掛けで多魚種が狙える!五目以上の魚種が顔を出す夢の釣りだ!
多彩なルアーゲームを展開する船橋港の「フレンドシップ」はタイラバゲームを得意とする船のひとつ。魅了されるアングラーも数多いタイラバゲームを紹介する。
湘南・茅ヶ崎港「ちがさき丸」では〝泳がせ根魚五目〟がヒートアップ中!良型メバル&カサゴを狙いつつヒラメやハタ類などもGET!!ボトムをタイトに攻めて多魚種をゲットしよう!
春のターゲットとして定着した外房・飯岡沖のホウボウ。今年も2月後半から開幕した。当地は良型主体の数釣りが楽しめるのが最大の魅力!食いがいい日にはダブル&トリプル、トップ30匹以上を記録することも。
鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!
東伊豆のオニカサゴが、好調キープ!数釣りも楽しめるエリア、伊東港「三好丸」へ釣行。オニカサゴ釣りとしては水深が浅いのでビギナーでも楽しめる。メチャうまの高級魚をイージーに釣るチャンス到来です!!
大洗港「藤富丸」の”テンヤ五目”が爆釣中!取材日は、ハナダイ、メバル主体に、マハタ、クロソイ、キントキダイ、ヒラメ、ホウボウ、マダイまじりでトップは70匹超え!
平塚港「庄治郎丸」では、周年、LTのコマセ釣りで多魚種を狙う「ライト五目」を出船。この時期はマダイ、ハナダイ、クロダイ、ヘダイ、アジなど手軽に楽しめるので、ビギナーにもオススメの釣りだ。
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読