MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ホウボウに関する記事

ホウボウに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
飯岡沖のテンヤマダイが釣果上昇中!中、大ダイがまじりサイズも期待できる展開に!取材日の飯岡港「幸丸」でもコンスタントにマダイがヒット!今がまさに釣りどきだ!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
日立久慈沖のテンヤマダイは、昨年から中小型の数釣りが楽しめている。ハナダイ、ホウボウ、ショウサイフグ、カサゴ、アイナメ、ウスメバル、など多彩なゲストも魅力だ!
昭和の時代から変わらぬ姿で続いている、エビエサのマダイ釣り。内房地区では手バネ竿を使うのが昔ながらのスタイル。その伝統を現代に受け継いでいるのが上総湊港の「とう市丸」だ。
内房の岩井や富浦周辺には少人数で楽しめる仕立船が多い。ジャンボイサキに大型アマダイや青物、水温安定すればマダイも来る! 賑やか五目!仲間とのんびり楽しもう!
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
つり丸ちゃんねる
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸定期購読