MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

須崎沖に関する記事

須崎沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
南房洲崎沖も根魚釣りの絶好ポイント。モロコが棲み付くような荒い根から小さなツブ根まで、大小様々な根が連なる根魚の宝庫だ。
春の訪れと共に海水温も上昇し、洲崎沖のイサキが活発に食い始めた。洲崎沖のイサキは型が揃っていること、数が出ること、さらに食べても美味しいことと、三拍子揃った人気ターゲットだ。
春本番!! 水温が上昇し、各地で活発な食いを見せているイサキ。その中でも魚影の濃さは一番と言われる南伊豆。そんなフィールドでイサキの数釣りを楽しんできた。
炙りの刺身にしゃぶしゃぶとどう調理しても美味しいキンメ。中でも〝絶品〟と賞賛を浴びる地キンメ(新島沖周辺で釣れるもので、それ以南で釣れるものは沖キンメと呼ぶ)が、シーズンを迎え好調に釣れ出している。
我々釣人に解放されている大型キンメのポイントはごく一部であり、サイズだけでなく味覚面でも優れた極上キンメを手に出来る釣場はさらに限られるのが実情。その数少ない釣場の中でもサイズ、味覚共にトップランクのキンメが釣れる超A級ポイントが南伊豆の須崎沖。新島キンメとも「トロキンメ」とも称される同地の極上キンメを狙い釣行だ。
冬の南伊豆の釣りは、意外と知られていない。1月2月はシケの日が多いためだろう。釣り物は多く、近場ではイサキ、マダイ、ヒラメ、ハタ、カワハギ、中深場ではヤリイカ、オニカサゴ、イシナギ、メダイ、そして、深場はキンメダイやアコウが狙える。どれも、出船できれば大型が高確率で釣れるのが特徴だ。
つり丸ちゃんねる
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸定期購読