MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

勝浦沖に関する記事

勝浦沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
勝浦沖はヒラマサが回遊する一級ポイント。初夏と秋はカモシ釣りで数が出る時期だ。カモシ釣りはヒラマサと大ダイをターゲットに絞った外房地区の伝統釣法。難しいテクニックも必要なく、大物を手にするチャンスだ!
更新: 2019-06-21 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
アラを釣るため「活きエサ=ヤリイカ確保」で臨んだヤリイカが予想以上の乗り&大型ぞろい。十分な土産を確保して、緊張感が緩んで「今日はダメかな」と思った終盤に「ちょっと違う」アタリが竿先を叩いたぞ!
更新: 2019-04-04 12:00:00
外房勝浦~鴨川周辺は、様々な魚種をリレーで狙う船宿が多い。勝浦港の「勝丸」もそのひとつで、目下のメニューはフラッシャーサビキで寒サバを釣り、その後はスルメイカを狙う。クーラー満タン率も高いのも魅力。
更新: 2019-02-28 12:47:05
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
「今期は例年以上に良い感じだよ。なんたって年明けからオデコの人が少なく、釣り座に関係なくコンスタントに釣れてるからさ」と、乗船時に満面の笑顔で状況を話してくれたのは勝浦港「初栄丸」の渡辺和明船長だ。
更新: 2019-02-14 12:00:00
ほぼ周年マハタ乗合を出しているのが勝浦松部港の「信照丸」。多くの根が点在する勝浦沖は魚影の濃さでは関東有数のポイントだ。釣れるマハタは1㎏~3㎏が多く、かつては5.8㎏の良型の実績もある。
更新: 2019-02-06 12:00:00
勝浦港「初栄丸」も、そのスタイルで出船している。出船後、まずはフラッシャーサビキ釣りを行う。タックルはオニカサゴのものそのままでOK。仕掛けは幹糸6~8号、ハリス4~6号の7~8本バリ、フラッシャーはピンク&ホワイトが定番だ。
更新: 2019-01-09 00:56:17
10年前から勝浦港「初栄丸」でスタートした「TEAM OKAMOTO」の大アラ仕立船。当初は午後船での実施だったが、いつの頃からか「午前・午後通し」の12時間耐久釣行へと「進化?」を遂げて今日に至る。
更新: 2019-01-09 00:55:57
水温の低下とともにベイト反応も増えて1~2㎏級中心に数が出ている。生きイワシを使うところはヒラメ釣りと似ていてタックルもヒラメ用が流用可能。起伏の激しい根周りを底から3m以上の高めのタナで狙うのが特徴。
更新: 2019-01-09 00:56:02

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読