勝浦沖に関する釣り記事


オニカサゴ! アカムツ! アラ! 勝浦のディープゾーン潜入(初栄丸)

オニカサゴ! アカムツ! アラ! 勝浦のディープゾーン潜入(初栄丸)

TEAM OKAMOTOの梅雨時恒例行事のひとつが勝浦港「初栄丸」を仕立て、午前・午後ブッ通しで勝浦沖「ディープゾーン」に挑む「12時間耐久フィッシング」。


BIGサイズ根魚続出! カサゴ・メバル五目の仕掛けと釣り方(初栄丸)

BIGサイズ根魚続出! カサゴ・メバル五目の仕掛けと釣り方(初栄丸)

勝浦港「初栄丸」で楽しめる勝浦沖の根魚釣りは、カサゴとメバルをメインに、アカハタやマハタといったハタ類がターゲット。カサゴやメバルを対象とした根魚釣りは東京湾や相模湾でも盛んに行われているが、ここ勝浦沖はサイズが違う。アベレージサイズがひと回りもふた回りもデカいのだ。


カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

外房勝浦沖のカモシ釣りが好スタートを切っている。カモシ乗合で出船している川津港「不動丸」では、マダイの1〜3㎏主体に4〜5㎏級もまじりトップ3枚前後、それにヒラマサの2〜5㎏前後が数まじるという、ウレシイ状況が続いている。


海底のモンスター・イシナギと私はいかに闘ったか【外房・勝浦沖】

海底のモンスター・イシナギと私はいかに闘ったか【外房・勝浦沖】

関東近海で釣れる大物ターゲットとしては、知る限りイシナギ(標準和名オオクチイシナギ)が最大だと思われる。MAX100㎏にもなるイシナギ釣りが今年も開幕した。


生きエサはアピール抜群、大型根魚が飛びつくぞ!【外房・勝浦沖】

生きエサはアピール抜群、大型根魚が飛びつくぞ!【外房・勝浦沖】

勝浦港「初栄丸」の浅場のカサゴ、メバル乗合は、サビキで釣ったカタクチイワシを泳がせて30㎝前後の大型カサゴ、メバルを狙い、それにマハタ、アカハタ、ソイ、ヒラメなどがまじる根魚五目釣りだ。


カサゴもメバル大型連発、引きは強烈!気持ちいい〜【外房・勝浦沖】

カサゴもメバル大型連発、引きは強烈!気持ちいい〜【外房・勝浦沖】

外房勝浦沖で、初夏になるとおもしろくなってくるのが、カサゴ、メバル中心の根魚五目釣りだ。勝浦港「初栄丸」は、この釣りを初夏から夏にかけての看板メニューにしている。


型まじりの多点掛け連発! 勝浦沖の乗っ込みヤリイカ好調【勝浦沖】

型まじりの多点掛け連発! 勝浦沖の乗っ込みヤリイカ好調【勝浦沖】

例年、春になると勝浦沖でヤリイカが好調に釣れ始める。ここのヤリイカの特徴は、浅場で大型が乗ってくること。イカの重量感がダイレクトに竿に伝わり、楽しさ抜群の釣りだ。4月15日の日曜日、釣友を誘って勝浦川津港の「不動丸」にお邪魔した。


勝浦沖で〝幻魚〟アラ狙い!  夢のビッグワンも!?【外房・勝浦沖】

勝浦沖で〝幻魚〟アラ狙い! 夢のビッグワンも!?【外房・勝浦沖】

ラスト10m、この日が中深場初挑戦となる岸野さんのラインがスーッとトモ側に走り出す。もしや!? とカメラをつかんで駆け付ければ、程なく海面下に見えて来たのは…。「TEAM OKAMOTO」春の恒例行事となった、勝浦沖の大アラ狙い。今年はいかなる結末になるか!?


勝浦沖はヤリイカ好調、根魚とのリレー釣りが面白い【外房・勝浦沖】

勝浦沖はヤリイカ好調、根魚とのリレー釣りが面白い【外房・勝浦沖】

外房・豊浜港の船宿では、イカ、ムツ、オニカサゴ、メダイのなかから、最初に予約をした人のリクエストによって組み合わせたリレー船で出船する。ヤリイカが十分すぎるほど釣れている最近の状況で、このリレー船はおもしろい。


釣運に感謝! まれに見る〝アラ荒食い!!〟 爆釣じゃ〜〜〜【勝浦沖】

釣運に感謝! まれに見る〝アラ荒食い!!〟 爆釣じゃ〜〜〜【勝浦沖】

「本物だっ! フォーッ!!」歓喜の雄叫びに渡辺船長も呼応し、「やったぞ!フォーッ!!」。ふたつの笑顔がガッチリと握手を交わす。2.5㎏の食べ頃サイズとは言え、開始早々に「幻」のアラを仕留めたのだ。


束釣りもねらえる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖】

束釣りもねらえる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖】

今年も外房、勝浦沖でヤリイカが釣れだした。ヤリイカの産卵場所でもある勝浦沖は、小型のメスの群れを追うように大型のオスの群れが大挙して押し寄せてくる。


外房のヤリイカ、爆乗りシーズン突入!【外房・勝浦沖】

外房のヤリイカ、爆乗りシーズン突入!【外房・勝浦沖】

1月中旬過ぎからまとまって数釣れだした外房・勝浦沖周辺のヤリイカ。2月中旬の時点でも好調が続いている。いい日にはトップ60杯台や70杯台を記録するときもある。


各種根魚や青物もヒット! 勝浦沖のマハタ五目【外房・勝浦沖】

各種根魚や青物もヒット! 勝浦沖のマハタ五目【外房・勝浦沖】

関東地方は久々の大雪と数十年ぶりの大寒波で釣行予定には悩むところ。この寒さを吹き飛ばしてくれるのが外房・勝浦松部漁港「信照丸」のマハタ五目だ。看板のマハタはもちろん、カサゴやヒラメなどの根魚のほか、ヒラマサ、ワラサなどの青物が釣れることもある。釣れる魚はどれも高級魚揃いだ。


乗り急上昇のヤリイカに加え大型スルメ&美味マサバ【外房・勝浦沖】

乗り急上昇のヤリイカに加え大型スルメ&美味マサバ【外房・勝浦沖】

外房勝浦沖でもヤリイカの乗りが急上昇中だ。50㎝前後の大型のオスに、20㎝台のメスもまじり、いい日はトップ40〜50杯。5杯、6杯の多点掛けもあり、釣り味、食味どちらも楽しめる状況だ。


勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

年々ヤリイカは釣れ出しが遅くなり、シーズンも長くなっている傾向がある。通常、ゴールデンウイークごろまでが釣期だったのが、6月いっぱいまで釣れたりと、かなりのロングランで釣れるイカになってきている。ここ、勝浦沖はほぼ例年通りのスタートだが、今後、たっぷりとヤリイカ釣りを楽しませてくれるポイントだ。


絶品! お土産バッチリ!! 寒サバ・アジ&身厚スルメ【外房・勝浦沖】

絶品! お土産バッチリ!! 寒サバ・アジ&身厚スルメ【外房・勝浦沖】

「今の時期のサバは本当に美味しいので、ぜひ釣りに来ていただきたいと思います。また、ちょうどスルメが釣れ始めましたので、釣れているうちはスルメを狙います。このスルメも肉厚で本当に美味しいですよ」とは、勝浦港「勝丸」の浜田勝美船長。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


年末年始に「夢」を狙え! 冬の勝浦沖で夢の大アラを追う【勝浦沖】

年末年始に「夢」を狙え! 冬の勝浦沖で夢の大アラを追う【勝浦沖】

深海釣り集団「TEAM OKAMOTO」恒例行事のひとつが外房勝浦「初栄丸」で初夏と冬の2回、幻魚「大アラ」をメインに据え、仕立船で午前午後ぶっ通しで中深場を釣る「12時間耐久フィッシング」だ。


冬の勝浦沖のブランド魚、脂が乗って寒イサキ絶好調!【勝浦沖】

冬の勝浦沖のブランド魚、脂が乗って寒イサキ絶好調!【勝浦沖】

日本三大朝市のひとつ勝浦の朝市。その市の立つ繁華街から少し奥に入ったところにある川津港は、大型遊漁船が軒を並べる外房有数の漁港だ。季節に応じたさまざまな釣りものが狙えるが、真冬でも安定度抜群の釣りといえばやはりイサキだろう。数が釣れ、食味も良い勝浦の寒イサキは、初心者からベテランまで楽しめる釣りだ。


勝浦沖のカモシヒラマサがスゲーことになってるぞ!【外房・勝浦沖】

勝浦沖のカモシヒラマサがスゲーことになってるぞ!【外房・勝浦沖】

怒濤の大型RUSH!! 勝浦沖のカモシヒラマサの爆釣が止まらない! しかも、大型もかなり回遊しているらしい。これはもう見逃す手はない。でしょ!


ランキング


>>総合人気ランキング