MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

深海釣りに関する記事

深海釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
波勝崎沖のアコウダイがアツい!ヘビー、ライト何れのタックルでも可能だが、今回はハリ数5~6本、オモリ350号に中型電動リールの「ライトアコウダイ」でテンポよくを選択。当日は4.6㎏のビッグワンも浮上!
一般に春を告げる魚というとメバルだが、深場釣り師にとってはアコウダイがそれだろう。500mもの深海からの巻き上げが終わり、紺碧の海面にボコン! と真紅のアコウ花が咲けばまさに春満開。このアコウダイをリーズナブルにそしてお手軽に狙わせてくれるのが金沢八景の「一之瀬丸」で、東京湾奥から深場乗合いを出す唯一無二の貴重な船宿。
深海釣りって「マニアックで敷居が高い」というイメージを持っている人はいませんか? はっきり言いますが、それは「誤解」です! 「道糸が進化したので、最近は案外手軽にできるんですよ」と話すのは、小坪港「太郎丸」の高橋良至船長。これが本当にビックリするほど手軽にできるんです! しかも、この釣りは釣れる魚がみんな美味しい! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読