MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

深海釣りに関する記事

深海釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
相模湾・湾口沖ノ瀬でキンメダイ、アコウをメインに据えたLT深海釣りを手軽に提供してくれる小坪港「太郎丸」。当日は3点掛けや5点掛けも見られ、あちらこちらでキンメと笑顔が咲いた!
春先になると好機を迎えるのが相模湾のアコウダイ。平塚の「豊漁丸」では週末限定出船でアコウ乗合を出船している。身近で手軽な深海釣りに挑戦しよう!
アブラボウズ。めったにお目にかかれない巨大魚だ。大きいと優に重量は100㎏を超える。この時期は、石廊崎周辺水深600mの根周りに産卵のためにアブラボウズが集結。深海モンスターゲットのチャンスだ!
深紅の大型美味魚、ベニアコウ。1匹でも釣れれば最高だが…逢瀬を願う者全てを虜にするその魅力こそ、究極の深海ターゲット「魔性の紅」ベニアコウの真骨頂。剣崎間口港「小やぶ丸」でぜひトライしてほしい。
急深の地形の南房・江見沖の好立地でアカムツをメインに狙っている江見吉浦「渡辺丸」。レンタルタックル、仕掛け、オモリまで用意!ビギナーからベテランまで気軽に南房のアカムツ釣りを楽しんでもらいたい。
2020年、深海マニアが集う「TEAM OKAMOTO」の年始めは静岡県由比沖のアカムツ五目。「龍神丸」のアカムツは「この冬一番」の船中15匹をマーク。ゲストも多彩で初釣りは文句なしに「吉」と出た!
犬吠沖のアカムツが連日好釣果!深場釣りを得意とする波崎「仁徳丸」。今期はポイントも広範囲でコンスタントに良型があがっている。上手な計画をたてておいしいアカムツをゲットしよう。
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
波勝崎沖のアコウダイがアツい!ヘビー、ライト何れのタックルでも可能だが、今回はハリ数5~6本、オモリ350号に中型電動リールの「ライトアコウダイ」でテンポよくを選択。当日は4.6㎏のビッグワンも浮上!
一般に春を告げる魚というとメバルだが、深場釣り師にとってはアコウダイがそれだろう。500mもの深海からの巻き上げが終わり、紺碧の海面にボコン! と真紅のアコウ花が咲けばまさに春満開。このアコウダイをリーズナブルにそしてお手軽に狙わせてくれるのが金沢八景の「一之瀬丸」で、東京湾奥から深場乗合いを出す唯一無二の貴重な船宿。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読