MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ベニアコウに関する記事

ベニアコウに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
「緊急事態宣言」解除後の初夏から夏におすすめするのは東伊豆・富戸沖のベニアコウ&アブラボウズ!いずれ劣らず魅力的な「紅」と「黒」を紹介する!
初島のイサキは解禁日から絶好調!LTまたはノーマルでこれからが最盛期!そこで最強のイサキ釣法を紹介する。2隻体制でもうひとつのオススメがベニアコウ!こちらは5月がラストチャンスだ。
深紅の大型美味魚、ベニアコウ。1匹でも釣れれば最高だが…逢瀬を願う者全てを虜にするその魅力こそ、究極の深海ターゲット「魔性の紅」ベニアコウの真骨頂。剣崎間口港「小やぶ丸」でぜひトライしてほしい。
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
東伊豆・富戸港の「ひろし丸」。ターゲットはアカムツかベニアコウの二者択一。大いに悩んだが、最後は「魔性の誘惑」が「宝石の魅力」を上回った。
ベニアコウは「超」がつくほどの高級魚。刺身、鍋ネタ、煮付け、焼き物、何にしても最高の味だ!剣崎間口港「小やぶ丸」では、ハリ間隔4m、ハリス1.5mの8本バリ仕掛けをすすめている。幻の魚を釣り上げよう!
「食った!」エキストラと一線を画すシャープなアタリに思わずポンッ! と掌を打つ。着底後ほどなく千尋の海底から届いた「魔性の紅」の微笑にすっかり有頂天だが、好事魔多し。その姿を海面に浮かべるまで決して気の抜けない綱渡りの恋。はやる気持ちを抑えつつ、逢瀬の瞬間を待ちわびる…。
「今度は思った場所に船が入りましたよ!」速潮と南風に阻まれ、思う様な操船が出来ていなかったという船長が会心の笑みを浮かべた。さぁ、釣ったるでぇ〜〜〜!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読