MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

富久丸に関する記事

富久丸に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
10月から開幕している大原沖のヒラメは、今シーズンも好スタートを切った。その後も、まずまずの好調をキープしている。これからの時期は、イワシの群れがやってくると本格シーズンに突入!大原沖が楽しみだ。
富久丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
テンヤマダイが盛んな茨城、外房エリアは、いよいよ秋の好シーズンに突入。この時期は浅場で多彩なゲストがまじり、突然の大型のヒットもあるので侮れない。さあ、秋のテンヤマダイに出かけよう!
この時期、外房・大原沖のテンヤマダイは、イワシの群れを追った大型マダイに期待がかかる。イワシに着いたマダイを狙うイワシパターンは大型マダイが連発、好釣果を記録している。まだしばらくは期待できそうだ!
「富久丸」では、ノーマルタックルのほか、ライトタックルで狙うことも可能だ。 ノーマルタックルの場合は、竿はヒラメ専用竿がオススメ。オモリ80号に対応したもので、長さは2.4〜3.3mくらい。手持ちなら短め、置き竿主体で狙うなら長めをセレクトするといいだろう。
大原沖のヒラメは10月の解禁からまずまずの好調が続いているが、12月に入ると大原沖周辺にイワシの群れが見られるようになり、サイズのいいヒラメのヒットが目立っている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読