MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

中深場五目に関する記事

中深場五目に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
波崎沖が沸騰中!波崎「信栄丸」では大型アカムツが入れ食い、トップ20匹越えの驚異的な釣果!同じ波崎「東洋丸」ではでアラを専門に狙わせてくれる。実績ポイントを攻めて、当日は6㎏の大アラを引き当てた!
駿河湾・清水沖で激うまレア魚がよりどりみどり!贅沢五目釣りが絶好調!大アラを想定してハリスは12号以上で狙う!
開幕より好調の北茨城平潟港「第十五隆栄丸」のオキメバル。40㎝級のビッグサイズをメインに、高級魚マゾイや幻のヤナギメバル、さらに脂が乗っている激うまウケグチメバルなど、複数のメバル科魚類がまじる。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
「何か、違う動きだけどな」スコール並みの大雨の中、ミヨシでスタンディングファイトする鈴木氏のロッドを見て「サメだよ」の声をヤンワリと否定した渡辺和明船長。観戦しばし。海面下に揺れる魚影は……白い!!
駿河湾・清水沖の超高級魚を狙う、中深場五目!狙いはアカムツ&クロムツだが、大本命は幻の大アラ!!10kg級が釣れることもある。海況が安定する梅雨時はベストシーズン!アカムツ、クロムツは良型が釣れる!
冬から春にかけて季節風のため、暴れ馬のように荒れていた日本海もこれからの季節はベタ凪ぎの日がほとんど。ちょっと、沖へ出て水深120m以深の中深場を狙うと、とてもおいしい魚が釣れる。
今回届いた取材ミッションは片瀬江ノ島港「島きち丸」のアジ&中深場五目。聞けばビシアジ道具のままで深場も狙う釣りだとか。これなら船長に呆れられたり笑われたりしないわけで、懐かしさも手伝いいつも以上に期待に胸躍らせての釣行となった。
こうも毎日寒くては毎朝布団を出るのが本当につらい。しかし好きな釣りとなると勝手に目が覚めるから不思議だ。しかも、今回お邪魔した「浅八丸」が宿を構える平塚港は、東名高速と圏央道を利用すれば多摩地区の筆者の自宅からだと1時間もかからない。7時出船だから、5時前後に家を出れば間に合うので、非常に楽に布団を出られた。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読