沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

大磯沖に関する釣り記事


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


安定釣果の春のアジ、ハモノやゲスト狙いも可能【相模湾・大磯沖】

安定釣果の春のアジ、ハモノやゲスト狙いも可能【相模湾・大磯沖】

周年アジが狙える相模湾。春は特有の濁り潮が入る時期でもあるが、これがアジ釣りではいい結果をもたらす。「すでに潮は濁りが入っています。潮が濁った日が何日も続くようになると、アジは安定して数釣れるようになると思います」と話すのは大磯港「とうふや丸」の関野幸男船長。


ハモノ狙いも楽しめ、お徳感2倍のシロギス釣り!【相模湾・大磯沖】

ハモノ狙いも楽しめ、お徳感2倍のシロギス釣り!【相模湾・大磯沖】

相模湾のシロギスは1月から開幕するが、釣果が安定しない厳寒期は狙わず、3月ぐらいから出船する船が増えてきている。3月以降は水温が上昇するにつれて、釣れる水深がどんどん浅くなっていく。同時にシロギスの活性も高くなり、アタリが多くなるだろう。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読