沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ヒラメに関する釣り記事


ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

仕掛けは普通のヒラメ仕掛けでO‌K。ただし、孫バリはトレブルフックをすすめている。「特に慣れていない人はトレブルフックがオススメです。これだとどこかに掛かれば取れますので」もちろん、孫バリはシングルフックでしっかりと食わせて取りたい、という人はシングルを使えばいいだろう。


横流し釣りがメイン! 鹿島沖のヒラメ攻略術を公開(大久丸)

横流し釣りがメイン! 鹿島沖のヒラメ攻略術を公開(大久丸)

ロッドはヒラメ専用。2~2.7mでオモリ負荷120号まで背負えるもの。長さは好みでよいが、横流し釣りで120号の重さと船に流れによる潮の抵抗に耐えうるものが必要だ。なかなかヒラメ釣りで100号オモリ設定のものはないが、通常のヒラメ専用で十分対応可能だ。


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

「今期のヒラメも絶好調だよ。部分解禁した11月1日から船を出しているけど、出船すれば2ケタ釣果のお客さんが何人か必ず出るし、ボウズもナシ。この分で行けば12月1日の全面解禁直後も安泰。爆釣必至だと思うよ」と、近況から見通しまでを端的に語ってくれたのは、11月中旬に取材で訪れた波崎港「三栄丸」の木村卓三船長だ。


駿河湾では珍しい貴重なヒラメ釣り穴場ポイントをご紹介(龍神丸)

駿河湾では珍しい貴重なヒラメ釣り穴場ポイントをご紹介(龍神丸)

竿はヒラメ専用竿、手持ちで狙うのが基本なので持ち重りしないよう軽量なものがおすすめ。軽いライトロッドでもいいが、使用するオモリは基本60号統一なので、60号を背負って操作性がいいものをセレクトしよう。


仙台湾、潮流しのヒラメ釣りテクニックを学ぶ(第一謙信丸)

仙台湾、潮流しのヒラメ釣りテクニックを学ぶ(第一謙信丸)

仙台湾のヒラメ釣りは三陸沿岸のヒラメ釣りをルーツとしたライト仕様であり、オモリは40〜60号で狙う。そんな釣り方から、3mの長竿よりも操作性の良い短めの竿がピッタリとくる。そして近年は2mほどのショートロッドも多く使われるようになってきて、ショートロッド対応の専用仕掛も船宿、釣り具店に各種並んでいる。


10月から大原沖ヒラメ全面解禁! 釣れるタックル&仕掛け(松栄丸)

10月から大原沖ヒラメ全面解禁! 釣れるタックル&仕掛け(松栄丸)

「松栄丸」ではオモリ80号を使用する。そのため竿は80号オモリに対応したヒラメ専用竿がおすすめ。長さは2.4〜3mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸リール。前述したように取材当日は、水深10m台〜20m台の浅場を狙った。この水深なら手巻きリールでも仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。


潮流しピンポイントで攻めて数釣りを満喫! 飯岡沖ヒラメ(清勝丸)

潮流しピンポイントで攻めて数釣りを満喫! 飯岡沖ヒラメ(清勝丸)

4月5月を除き、ほぼ周年ヒラメ釣りができる飯岡沖。夏ビラメが盛り上がっていたのが記憶に新しいが、各地でヒラメが解禁するなか、飯岡沖も相変わらず絶好調だ。


部分解禁日は怒涛のヒラメラッシュ! 全面解禁が楽しみだ(清栄丸)

部分解禁日は怒涛のヒラメラッシュ! 全面解禁が楽しみだ(清栄丸)

茨城海域でも、いよいよヒラメ釣りが部分解禁した。11月1日の部分解禁日に鹿島「清栄丸」を取材した。実釣スタート直後の状況は、まさに「怒涛のラッシュ!」だった。仲乗りさんを二人にしての出船だったが、二人でもタモ取りが間に合わないほどの爆釣だった。


こだわり船長のもと、解禁爆釣を体感! ヒラメ仕掛け(浜茄子丸)

こだわり船長のもと、解禁爆釣を体感! ヒラメ仕掛け(浜茄子丸)

茨城海域のヒラメ釣りは、外房大原沖と同じく、ほぼ横流しスタイルをとっている。広範囲にヒラメがいる漁場の良さと、釣りの効率の良さが期待できるからだ。しかし、この釣りの意味を理解していないと、効率のよい釣り方でも釣れない釣りに陥る可能性がある。


”イワシ”がキーワード !-食わせサビキ釣り-(ディープオーシャン)

”イワシ”がキーワード !-食わせサビキ釣り-(ディープオーシャン)

「テレビゲームをしている感覚で操船してます」というのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長。彼はタテ釣り、関東では食わせサビキ釣りとよばれている釣り方で、ヒラメ、ブリ、ヒラマサ、マダイ、キジハタなど、マッチ・ザ・ベイトのイワシやアジで釣れるものすべてがターゲットである五目釣りを楽しませてくれる。


茨城・鹿島新港ヒラメ解禁から好調! 2ケタ釣果も…(桜井丸)

茨城・鹿島新港ヒラメ解禁から好調! 2ケタ釣果も…(桜井丸)

11月1日、茨城県南部のヒラメ釣りが部分解禁した。解禁直後は数釣りのチャンスということを釣り人はよく知っている。どの船も満船に近い盛況だが、それでもボウズなしの釣果が連続するほどの魚影の濃さだ。


部分解禁スタートダッシュ! 今期のヒラメも調子がいいぞ(庄栄丸)

部分解禁スタートダッシュ! 今期のヒラメも調子がいいぞ(庄栄丸)

11月1日に茨城の神栖沖から鹿島沖のヒラメ釣りが解禁した。当日、風はなく潮もほとんど流れずの状態でスタート。横流し釣りが主流であるこの海域では、風も潮の流れもないと打つ手がないが、実績ポイントに生きのよいマイワシエサを投下すると、釣り人の竿が次々と曲がっていった。


全面解禁! 開幕直後からロケットスタートを切ったヒラメ(勇幸丸)

全面解禁! 開幕直後からロケットスタートを切ったヒラメ(勇幸丸)

外房のヒラメ戦線が着実に勢力拡大中。8月1日の部分解禁を皮切りに徐々にそのエリアを拡大してきた片貝沖。いよいよ10月1日に全面解禁となり最盛期を迎える。今シーズンは開幕直後からロケットスタートを切った片貝沖ヒラメ。アベレージサイズの大きさが今シーズン最大の特徴。


【庄三郎丸】詳細情報-沖釣り専門誌が現場で徹底取材

【庄三郎丸】詳細情報-沖釣り専門誌が現場で徹底取材

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【平塚港・庄三郎丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。キハダ、カツオ、シイラ、ヒラメ、アマダイなどが主なターゲット。


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ


横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。


初公開! 日本海コマセマダイ&LT泳がせの釣り方をご紹介(北龍丸)

初公開! 日本海コマセマダイ&LT泳がせの釣り方をご紹介(北龍丸)

初公開! 10mロングハリス使用のコマセ釣りで秋ダイをキャッチ! 定番メニューはオモリ60号LT泳がせで楽しむヒラメ&根魚。


待ちにまった10月全面解禁だ! 片貝沖のヒラメ仕掛け(正一丸)

待ちにまった10月全面解禁だ! 片貝沖のヒラメ仕掛け(正一丸)

「正一丸」での使用オモリは60号。そのため、竿はオモリ60号に対応したものを使う。一番のオススメはヒラメ専用竿。長さは2.4〜3mぐらいが扱いやすいだろう。また近年人気なのがライト用ロッド。ライトタックルでは総じて軽いオモリを使うが、60〜80号のオモリに対応したライト用ロッドもあるので、それがオススメ。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読