ヒラメに関する釣り記事


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

これから真夏を迎える日本海。春や秋と異なり、昼の釣り物が少なくなるシーズンだ。しかし、小アジなどの生きエサさえ手に入れば、比較的近場でヒラメなどのフィッシュイーターたちの泳がせ釣りが楽しめる。


2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

真夏のヒラメ釣りと言えば、真っ先に思い浮かぶのが外房、銚子、飯岡エリア。毎年6月1日から解禁し翌年3月までのロングランでヒラメが狙え、他の釣り場の多くが禁漁となる夏場もコンスタントな釣果が期待できるのが特徴だ。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

「熱海の多賀から出船する面白い釣りがありますよ。様子を見に来ませんか?」と、「エイテック」の秋山明広さんからのお誘いでうかがってみれば、「なるほど! これはおもしろい」と納得の釣りが展開されていたのだった。


アタリ多く釣りやすい! 外房・外川沖の夏ビラメの仕掛け(福田丸)

アタリ多く釣りやすい! 外房・外川沖の夏ビラメの仕掛け(福田丸)

外房・外川〜飯岡のヒラメは6月からシーズンが開幕する。昨シーズンがスゴかっただけに、今シーズンも期待が高まるエリアだ。開幕直後はトップ3〜4枚という日が続いた。そして6月20日すぎから、上向き傾向。トップ二桁を記録する宿が多くなってきたのだ。


銚子沖の夏ビラメが開幕から好調! 数・型ともに期待十分(福田丸)

銚子沖の夏ビラメが開幕から好調! 数・型ともに期待十分(福田丸)

今年の銚子沖はヒラメの湧きが良さそうだ。外川港の「福田丸」ではトップで11枚を記録した日もあり、数釣りが続く。型も良く、6月17日に4.2㎏、23日には4.5㎏の大型ヒラメが顔を出した。


中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

これまでのジギングとは異なる発想のスタイルとして、全国規模で拡がり始めている。その提唱者が新潟県柏崎港「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長だ。


外房・飯岡沖ヒラメの仕掛け&釣り方(フィッシング倶楽部清勝丸)

外房・飯岡沖ヒラメの仕掛け&釣り方(フィッシング倶楽部清勝丸)

千葉、外房北部の飯岡から銚子外川にかけてのヒラメ釣りは6月に開幕し、翌3月までと釣りシーズンがほかのエリアに比べてひときわ長い。ヒラメ釣りというと、冬場の寒い時期に荒れた海で、というイメージがあるが、この時期のヒラメは「夏ビラメ」と呼ばれるほど、夏場もいいシーズンなのである。


夏の好シーズンはこれから! ヒラメビギナーにもオススメ(隆正丸)

夏の好シーズンはこれから! ヒラメビギナーにもオススメ(隆正丸)

夏は水温が上昇すること、また黒潮の影響で潮が澄む日が多いことなどから、ヒラメの活性が高くなる傾向にある。そのためアタリが多くなり、そのアタリもハッキリと出やすい。また、食い込むまでの時間が速くなると言われる。さらに釣れる水深も浅いので、夏のヒラメは釣りやすく、ビギナーにもオススメだ!


LTイワシ五目の仕掛け&泳がせ釣りの釣り方をご紹介します(鯨丸)

LTイワシ五目の仕掛け&泳がせ釣りの釣り方をご紹介します(鯨丸)

内房・館山湾のイワシの泳がせ五目が開幕した。生きたカタクチイワシを使用してヒラメ、マゴチほか各種根魚が手軽に釣れるとあって人気を集める釣りだ。「今年はイワシが獲れるのも遅くてようやく開幕しました。魚は入ってきているようで、これから最盛期になります」とは、館山港「鯨丸」の唐沢進船長だ。


夏ビラメ本番! 魚影の濃さはピカイチ! 仕掛け&釣り方(孝進丸)

夏ビラメ本番! 魚影の濃さはピカイチ! 仕掛け&釣り方(孝進丸)

外房北部の銚子犬若沖〜飯岡沖のヒラメは、6月から開幕している。今シーズンの開幕直後は絶好調! トップがツ抜けをする船宿が多く、サイズも良型がまじっていた。開幕して1ヶ月が経過しようとしているが、多少釣果にムラがあるものの、おおむね好調が続いている。


夏ビラメは浅場でカンタン数釣り! ビギナー入門最適(清勝丸)

夏ビラメは浅場でカンタン数釣り! ビギナー入門最適(清勝丸)

飯岡沖のヒラメ釣りが6月から始まっている。この魚は秋から冬の魚のイメージがあるが、実は夏が一番活性が高い時期。浅場で活発にベイトを追うフィッシュイーターであるため、ヒットすれば、高確率で釣りあげることができるのだ。


凪と浅場でヒラメ入門に最適! 仕掛けと釣り方をご紹介(福田丸)

凪と浅場でヒラメ入門に最適! 仕掛けと釣り方をご紹介(福田丸)

千葉県北部、銚子外川〜飯岡沖は一年のうち10ヵ月もの長期間にわたってヒラメ釣りを楽しめる。ヒラメと言うと秋冬の寒い時期に釣れるイメージのある魚だが、このエリアでは夏場も絶好のシーズンなのだ。


青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

年明け早々にはイワシに付いた大ダイフィーバーに沸いた外房・川津沖の一つテンヤマダイ。6月初旬の時点では、青物や根魚といった嬉しいゲストまじりで楽しめている。


釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

関東地方も入梅してしまったが、穏やかな海況が続くいまはボート釣りのベストシーズン。手軽にファミリーで楽しめるだけでなく、釣り船に負けないほどの釣果だって可能なのがボート釣り。さあ、ボート釣りに出かけよう!


夏の新潟はマダイ&ヒラメで朝から晩まで楽しめる!【上越沖】

夏の新潟はマダイ&ヒラメで朝から晩まで楽しめる!【上越沖】

今年の上越沖のマダイは、例年とはちょっと様子が違う。2月末よりゴールデンウイークまで名立沖でプレ乗っ込みマダイが釣れ続け、途切れることなく名立沖〜直江津沖の広範囲で本乗っ込みが開始。例年に比べれば、乗っ込みは半月ほど早いという。マダイの乗っ込みと同時期に開幕するのが、直江津沖の夜ヒラメ釣りだ。


獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

富浦周辺では、春から夏にかけてセグロイワシ(=カタクチイワシ)が大量に獲れる。それをエサにした泳がせ釣りが、富浦周辺の船宿(とくに仕立専門船宿)で盛んにおこなわれている。


エサのイワシを釣ってからヒラメとカサゴを狙う!【相模湾・平塚沖】

エサのイワシを釣ってからヒラメとカサゴを狙う!【相模湾・平塚沖】

平塚「庄三郎丸」では、4月中旬に、それまで出船していたカサゴ船がヒラメ&カサゴ船に変わった。このカサゴ&ヒラメ船、サビキ仕掛けでカタクチイワシを釣り、それをエサにした泳がせ釣りでヒラメとカサゴを狙うのだ。


生きエサはアピール抜群、大型根魚が飛びつくぞ!【外房・勝浦沖】

生きエサはアピール抜群、大型根魚が飛びつくぞ!【外房・勝浦沖】

勝浦港「初栄丸」の浅場のカサゴ、メバル乗合は、サビキで釣ったカタクチイワシを泳がせて30㎝前後の大型カサゴ、メバルを狙い、それにマハタ、アカハタ、ソイ、ヒラメなどがまじる根魚五目釣りだ。


ランキング


>>総合人気ランキング